FC2ブログ

BullionVault

米大統領戦、トランプに逆転勝利はあるのか


選挙制民主主義の本質は馬鹿な大衆の人気とりにつきます。
女を売りにするヒラリーは女であることで損をしていますが、トランプもまたマッチョな風貌で損をしています。
トランプがイケメンならここまで女問題でダメージを受けることもなかったでしょう。トランプのルックスは大統領になるにはハードルが高すぎます。
それでも、トランプが勝利する条件としては、スィングステートのうち、フロリダ、オハイオ、ノースキャロライナで勝つことがアンド条件になります。
FiveThirtyEight
その上で、
ヒラリーが比較的優位であるコロラド、ペンシルバニア、ニューハンプシャー、ネバダ、バージニア,ミシガン、ウィスコンシンうち一つ二つをひっくり返す必要があります。
@miraisyakai
FBIやウィキリークスの最後のダメ出し次第では、ピークエンドの法則でトランプが勝利する可能性が少なからず出てきました。
もちろん、既得権益が支持するヒラリーが勝利しても、トランプを支持した層、バーニーを支持してきたリベラル層の反発は根強く、アメリカの政治は不安定になるでしょう。
来年は米経済の低迷が顕著になり、株価も崩れるでしょう。
景気対策と人気とりのため、軍産複合体とウォール街の操り人形であるヒラリー(血の気が多い)が戦争を欲する可能性は高いと思われます。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2016/11/04 11:26 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン