FC2ブログ

BullionVault

トランプ経済は、実は「大化け」の可能性を秘めている!


トランプ経済は、実は「大化け」の可能性を秘めている!
トランプは、中西部の自動車産業の労働者に対して、メキシコから工場を取り戻すとアピールすることで激戦区を制し、勝利しました。
また、中国などを為替操作国と批判してドル安を志向しています。
輸出拡大のためには、近隣窮乏化政策、すなわちドル安が求められます。

その一方で、FRBの金融緩和政策を批判し、財政拡大路線(レーガノミクス)を主張しています。
これは、一般的には、金利上昇とドル高要因です。
法人税減税は株価にプラスですが、財政をさらに悪化させます。
その上で財政を拡大するには金融緩和が必要になりますが、これをしないすれば、新興国の貯蓄余剰を米国に流入させる
ため金利高、ドル高に誘導する必要があります。

この二つは矛盾しています。
どちらか軸足を置くか、これからの動向次第で相場の動きは乱高下すると思われます。



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2016/11/10 11:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン