FC2ブログ

BullionVault

イールドカーブのスティープ化を図るイエレン


FOMCで金利が下落し、ドルが急落、金は買われました。
FOMCは、インフレ予想に慎重で利上げへの勢いが削がれました。
その一方で、バランスシート調整には前向きなようです。
短期金利の上昇を抑制し、長期金利を押し上げることでイールドカーブのスティープ化を図っているようです。
イールドカーブがフラット化すれば、銀行の収益を圧迫し、株価が下落する傾向があります。
続投の可能性が低いイエレンは自分のせいでバブルが弾けたといわれないために、利上げに着手していますが、今のままでは在任中にバブルが崩壊します。そのための保身でしょうか?
また、あれだけイエレンとFRBの金融緩和をディスっていたトランプも最近ではイエレンをおだてて低金利を望むと発言しています。
しかし、低金利はドル価格の下落を加速させます。
株を守るか、ドルを守るかのジレンマで難しい口先介入が必要になってきています。
ドル安の勢いが止まらなくなれば、株や実体経済を犠牲にしてでも利上げやバランスシート調整を強行せざるを得なくなると思います。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2017/07/27 07:59 ] 経済指標 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン