BullionVault

トルコ、ロシアからS400購入へ 両国接近、米は懸念


トルコ、ロシアからミサイル購入へ 両国接近、米は懸念
トルコがロシアからS400の供給を受けました。
S400は最強の対空ミサイルです。
ロシアやミサイル、ロケット、ジェットエンジンで米国に技術的優位があります。
現代戦はミサイルで決まります。
ロシアが最強のS400の技術をトルコに提供したことはゲームチェンジャーになりえます。
欧州とアジアの中間にあるトルコは今まで欧州に接近する政策をとってきましたが、右傾化した欧州はイスラム教の国、トルコを受け入れませんでした。
トルコがNATOを離脱すれば中東の地政学的バランスが一気に崩れます。
トルコは、クルドの問題があり、シリアと対立してきました。
しかし、クルドは今やトルコ、シリア共通の敵です。そのクルドを欧米は支援しています。
エルドアンとアサドが再び、和解し、共に中国、ロシア、イラン陣営に加われば米国、イスラエルは大打撃でしょう。
米国は、ウクライナで内戦を仕掛け、抵抗するロシアを銀行間の国際決済ネットワークを運営する国際銀行間通信協会(SWIFT、スイフト)から追放すると脅しをかけました。SWIFTからの追放は貿易の決済でドルが使用できなくなります。
北朝鮮もSWIFTから追放済みです。
米国は、中国に北朝鮮への経済制裁を強要するためにSWIFTからの追放を散らつかせました。
しかし、これは結局、ドル離れを加速させます。
ベネズエラもドル離れを明言していますし、米国と対立する産油国や新興国のドル離れがこれからも加速するでしょう。
トルコはシリアで米国がクルドやアルカイダを支援していること不満を表明しています。
トルコはロシアと同じく、外貨準備の金保有を増やしています。
今後、トルコの米国、NATO離れが加速すればドル売りの材料になるでしょう。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2017/09/13 12:28 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン