FC2ブログ

BullionVault

対中強硬派ナバロ氏、米大統領補佐官に昇格の見通し


対中強硬派ナバロ氏、米大統領補佐官に昇格の見通し
対中強硬派ナバロが影響力を持つことにより、米国の対米貿易赤字は減少するかもしれません。
しかし、それは、中国のドル債売りを助長することになります。
中国は米国債と米ドルを売り、欧州や新興国に資本をシフトさせることを加速させるでしょう。
それは、米国債金利上昇とドル売りの支援材料です。
ドル安は世界全体の貿易を活性化させ、経済成長を促します。
第一次世界大戦の頃から、米国の経済は他国の犠牲のもと成長してきましたが、今ようやくその巻き戻しがおころとうとしています。
米国経済とドルの弱体化は、功利的にみて世界全体の経済にプラスです。これは世界全体の格差を縮小させます。
米国と中国の貿易戦争は、両者に痛みを伴います。
中国の対米輸出のシェアは10%台までに低下していますが、中国ももちろん打撃を受けます。
米国は多国籍企業だけでなく、インフレ急騰により内需企業もダメージを受けます。
ただ、長い目で見れば、ドル安人民元高は世界経済・中国経済にとってプラスになり、米国の覇権の終焉を早めます。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2018/02/26 16:05 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン