FC2ブログ

BullionVault

原油価格上昇


原油価格上昇中
世界各国の中央銀行よる金融緩和で過剰に供給されたマネーはコモディティには流れず株や不動産などの資産価格をあげています。
この資産バブルのクッションでインフレは抑制されています。
いまは低迷している商品市場ですが、その方向性は結局、投機のフローではなく、実需で決まると思われます。
そして、商品価格を牽引するのは原油です。
中国は景気が低迷しているとメディアでは煽られますが、実際、小売売り上げは堅調です。
中国政府の経済政策はとても上手く行っている ~4月分の経済統計から~
一方メディアが好調とするアメリカの小売売り上げは昨年夏移行にずっと下げ続けています。
アメリカ4月小売売上高を振り返る
雇用の面でみてもパートを不完全雇用とすれば、不完全雇用率は過去最高レベルのままです。
gallup
中国の石油製品生産量と石油精製品消費量は上昇を続けています。
現在在庫が減少しており、これから夏にかけて需要が増加して原油価格の上昇が予想されます。
原油価格は短期的には投機マネーで乱高下しますが、基本はこの中国を筆頭とする人口が増え続ける新興国の実需に沿った上昇をしていると思われます。
原油価格が上昇すればドル安とインフレになります。
それは低迷する金価格を支えます。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/05/17 20:21 ] 市況 | TB(0) | CM(2)
吉報ですね。
西側メディアと東側メディアのネガティブ合戦とポジショントーク疲れますね。

何が本当やら?それが嘘でもみんなが信じれば相場が動いてしまう。
情報の源流を独占してしまえば、川下の私たちは、何も分からない。
[ 2013/05/17 22:32 ] [ 編集 ]
モモさんこんばんわ
ものはいいようですし、前月比や前年度比や市場予想比とかいくらでもレトリックで良くも悪くもみせれれますからね
ユーロが弱いいま、金の底抜けを防いでくれそうなのは原油ぐらいです。
ほんと原油頼みです。
そのためには中国の消費がこのまま堅調であることをいのるばかりですね
またちょくちょく来てください。
[ 2013/05/17 23:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン