FC2ブログ

BullionVault

危機に弱い安倍自民党


安倍政権の国内外の支持率が下がってきています。
政治の私物化、株価低迷、そして新コロナウイルスへの対応のまずさが原因のようです。
安倍晋三は、おじいさん、お父さんが東大出身のサラブレッドですが、本人はあまり地頭がよろしくなく、勉強の努力も苦手なようです。
東大の家庭教師を何人もつけるなど恵まれた環境にありながら、自民党世襲議員にありがちな早慶にすら入っていません。
法学部卒で自己のブログでは憲法が専門としておきながら、憲法学で一番有名な学者すらしらないレベルです。
しかし、彼は根は素直で真面目な性格です。
官僚の用意したレジメをまじめに読み込んで、すらすら諳んじてみせるのは彼の持ち味でしょう。
もっとも、彼には、幼少期、安保闘争で左翼学生に包囲されたトラウマがあります。おじいちゃんをいじめるなというトラウマは、彼に根強い左派アレルギーを生じさせました。
そういう真面目で素直だが、そこまでかしこくないため流されやすく、後天的に右回りになっているところが、右翼エスタブリッシュメント達が、たいした政治的経験も実績もないかれを神輿に選んだ理由でしょう。
しかし、最近ではその右派にもみはなされているようです。情報弱者のネトウヨを扇動する右翼ビジネスマンたちの論調があきらかにかわってきました。神輿を変えることで右派はなんとかいまの右翼体制を維持したいみたいです。

安倍内閣は経済、外交、安全保障で失政を重ねてきましたが、危機管理も甘いです。
今は知りませんが、以前は嫁のわがままで首相官邸にほとんど寝泊まりしていなかったそうです。
情報センターである首相官邸と安倍の自宅は距離があります。一刻を争う危機には対応が遅れます。
ゴルフ好きでさらに遠方にいることも多いようです。夜も食事は外食が多く、首相官邸を留守にすることが多い。
その安倍首相ですが、ここにきて新コロナ対応で失態を晒しています。
結果論でいえば、初動の対応を間違いました。
すでに武漢では新コロナがアウトブレイクしているのですから、その時点で中国人は一律渡航禁止にすべきでした。
その初動を誤ったために春節に多くの中国人が来日して、市中感染を引き起こしました。
中国と同盟国であるロシアですら、渡航禁止の判断は早かったです。
春節のインバウンド消費を期待したのもありますが、自らの失政で悪化した中国との関係をマッチポンプすべく、習近平を国賓に迎えて外交のポイントを稼ごうとしたため、遠慮したのが悪かった。プーチンと異なり習近平との信頼関係の貯金がないからそうなる。
また、客船は室内で空気が循環するのだから、早期に下船させて、自衛隊基地かなんかに隔離すべきだった。
これも船がイギリスや米国のもので、乗客が富裕層が多かったので腰がひけたのでしょう。
乗員が多いインドネシアなどの政府への連絡も遅れた。
役人に任せきりで、上からの指導力を示せなかった。
厚生労働省の対応もだめ。一生懸命やっているんだからといって批判しないような感情論的風潮はよくない。
安倍の周辺もおぼっちゃま世襲議員が多いためか危機に弱い傾向があり、安倍を支えれなかった。
記者会見も遅れた。
そして、初動の対応を誤って批判を受けたことから今度は過剰な反応をみせています。

学校を休講にしたところで、子供全員を家に閉じ込めておくことはできません。実際、今日なんかは街や公園に子供があふれています。
子供は免疫力があるため、症状がでにくく、その動き回る子どもから高齢者などへの感染を防ぐのが目的でしょうが、それなら大人と子供を隔離できる学校が最適だった。今は街中や自宅で大人と子供の接触する機会が増えて逆効果です。
子供は生産性がないからとか言っている人がいますが、視野が狭すぎます。老人の消費を考えず、老人のバスなどの無料を禁止するようなものです。
かといって、むしろ大人の通勤ラッシュをやめさせろとか極論をどや顔でいうバカもいますが、経済活動が麻痺してしまい、最悪です。病院勤務者も出勤できなくなります。電車は開閉が多いので人が密集していてもそこまで危険ではない。もし電車が危険なら、もっと東京や大阪で市中感染が拡大しているはず。
イベントの自粛も大げさ。
風通しのいい開放感のあるスポーツ会場やコンサートホールはそこまで危険じゃない。
ようやく、危険な、風通しの悪い狭い場所を厚生労働省が提示していますが、おそすぎる。そっちの公表が先だった。
どっちにしろ、これから気温があがれば、新コロナウイルスの感染は勢いを失う可能性が高いです。ただ、今度は南半球で感染が拡大するでしょうが。
結局、新コロナウイルスの感染拡大を防ぐことはできず、今後はインフルエンザと同様に、例年流行る病気になるでしょう。新コロナウイルスは致死率2%といっても、いまの絶対的死者数からすると、それは病院にいくほど悪化し、かつ検査を受けた人の致死率であって、実際の致死率はもっと低いと思う。結局、インフルエンザと同レベルじゃないでしょうか?それでも全体でみれば死者数は多いですが、もっと怖い深刻な病気は他にたくさんある。生命にはかえれないというエモな大義名分の過剰反応は病院のキャパを低下させて、他のもっと危険な病気の死者数を増やす。全体として死者が増える。地球温暖化が地球寒冷化より総死者数を減らすのと同じ。
もっとも、今回のパニックで、普段マスクをせず、手を洗わないような人(特に白人)も危機意識をもち、全体としてインフルエンザと合わせた犠牲者は減るかもしれません。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/03/02 16:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン