FC2ブログ

BullionVault

FRB緊急利下げ


FRBが11年ぶりの緊急利下げをしました。
-0.25%ではなく-0.5%でした。
それでも、長期債の金利低下のスピードを考えれば、さらなる追加の利下げの圧力がかかります。
パウエルはトランプの圧力はなかったと言ってますが、まぁ、建前でしょう。
トランプは、利下げ後も株が売られるのをみて、早速、さらなる利下げを要求。
株価も一時反発したものの材料出尽くしで追加利下げクレクレ相場になっています。
FRBの神通力が通用しなくなってきています。それを嫌気してさらなる株価急落のおそれもでてきました。
スーパーチューズデーを迎え、投資家は、いままで見ないふりをしてきた、サンダース躍進の現実に直面しつつあります。
株式取引税0.5%やCEOの報酬を抑える法人税、資産税、FAAMG分割などは株式相場には致命傷になります。
パウエルはサンダースには勝てませんでした。緊急利下げは明日以降にすべきだった。
パウエルより先手を売った黒田も悪手を売った。弾数がないのに泣きの一手のつかうタイミングを間違えた。
金は反発。
米国の実質金利は今回の利下げで-2.4%まで低下しているからそれを受けた形です。
世界中の長期金利がゼロになっている今、世界のマネーは利潤を求めて米国債に流れていました、世界の国債の利子の利潤の4/3以上は米国債からでした。しかし、これで世界中の中央銀行が大量に発行したマネーが米国から流出するでしょう。特に時価総額の大きいユーロと円の巻き戻しは強く、ドルは大きく売られるでしょう。特にユーロはすでにキャリートレードの巻き戻しが始まっています。市場のボラティリティが高まり、株式市場はこれを嫌気するでしょう。
行き場をなくしたマネーはキャッシュとなりますが、いずれ新興国やコモディティ、そして金に流れてくると思います。
金に関しては、前回の急落がまだ多くの市場参加者の記憶に残っているので今回は慎重にじわじわあげてほしいところです。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/03/04 03:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン