FC2ブログ

BullionVault

サンダース苦戦


事前の世論調査を覆し、スーパー・チューズデーでサンダースが苦戦しています。
民主党は左派といわれていますが、それは共和党と比べてということで世界標準ではかなり右よりの政党です。
民主党支持のアメリカで左派寄りとされるマスメディアもその多くは大資本家の所有物です。ポリティカル・コレクトネス、LGBT、地球温暖化、フェミズムなどのファッション左翼には積極的ですが、格差是正は内心では反対している。NYタイムスなどのマスメディアはサンダースをなんとか排除したかったようです。彼らにとってはサンダースならトランプのほうがマシなのでしょう。
その、サンダースはアメリカでは極左扱いされていますが、欧州など世界標準でいえば、社民主義の中道左派です。
クリントンやオバマではアメリカが変わらなかったように、バイデンではアメリカはかわらないでしょう。
マスメディアはサンダースならトランプに勝てないと刷り込もうとしてますが、全米の支持率でサンダースはトランプに圧勝しています。しかし、バイデンならトランプにまだ勝ち目が多少はでてきました。
これを受けて、株価は反発。金はじりじりさげてきました。
金投資家やその扇動家たちは右寄りの人が多いですが、右派政党を支持することは、結局、自分の首をしめることになっています。右派投資家は先物やETFを紙の金と嫌い、現物を偏好する傾向にありますが、先物やETFは金の弱点である流動性を補っています。
債券を除けば、世界のマネーで最大の時価総額をもつのは株です。貨幣よりも大きい。貨幣のうち金はドルの時価総額よりは大きいですが、紙幣全体にはやや劣っています。政治が資本家有利の右だと株と紙幣が勝ち、金は負けてしまいます。
私はサンダース当選を予想していましたが、今日は残念な結果になりました。
瀕死のアメリカも復活の最後のチャンスを失ったことになります。
ただ、まだこれから巻き返す可能性がないわけでもないので健闘してほしいです。




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/03/04 16:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン