FC2ブログ

BullionVault

相場雑感


そろそろ世界中の中銀のじゃぶじゃぶ金融政策が効いてきましたね。
米長期金利がようやく下がり始めています。
Q1〜Q3のときは、初動は株価高騰と景気回復の期待で金利は上げ始め、終了間際になって金利が下がり始めました。
タイムラグがありました。
しかし、今回はQEと同時に大幅利下げかつ世界協調緩和です。
財政出動を嫌気したリスクプレミアムが阻害原因にはなっていますが、効果がでてくるのは早いと思います。
これにより、ドルが売られ、株、ビットコイン、債券、コモディティなどのリスク資産があがってきています。
じゃぶじゃぶで使いみちのないキャッシュがまた、金融バブル市場に流れてきました。
ただ、米国の新コロナパニックはこれからが本番。米国の金融市場がパニックになればまた流れはかわります。
そもそも米株は下げたといえまだまだ40%は割高のバブル。新コロナパニックの実体経済に与えるダメージは欧州が一番大きいと予測されていますが、米国の一番ダメージが大きくなってもおかしくない。
それでも中国経済がいち早く回復をしはじめていますから、そろそろ底打ちを意識した動きになると思います。
ボラが小さくなれば、中小の投資家も安心して戻ってくると思います。
金はしばらくは米株や米国債といったリスク資産と一蓮托生な動きになると思います。
株と金は長期の相関はありませんが、短期的には正の相関になる時期と負の相関になるときがあります。
今は正の相関です。債券と同じです。
しかし、この相関もいつまでも続かないでしょう。
それからが金の勝負です。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/03/20 20:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン