FC2ブログ

BullionVault

米CMBS市場は破綻瀬戸際、大恐慌が小さく見える恐れ(update2)


米CMBS市場は破綻瀬戸際、大恐慌が小さく見える恐れ
株バブルが崩壊するときに、よりダメージを受けるのは不動産バブル市場です。
原油安によるCLO市場の危険性が注目されていますが、CMBSやMBS市場にも危険性が生じています。
米不動産バブルはリーマン時を凌駕しています。普通の人はまず家を買えないし、それ以外の中間層も家賃が所得を圧迫している。これが出生率低下の原因にもなっている。
資本家ではない一般米国市民がダメージを受けるのは株バブル崩壊よりもこちらのほうです。
資産バブルによる資産所得が家計所得の3分の1を占め、無駄遣いの大量消費を是とし個人消費が7割を占めるという米国のいびつな経済モデル自体はもう持続性がないと思われます。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/03/23 14:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン