FC2ブログ

BullionVault

NY市の新型コロナ流行、主な原因は欧州経由-ゲノム研究者が指摘


NY市の新型コロナ流行、主な原因は欧州経由-ゲノム研究者が指摘
今もっとも、死者数増加の角度の高い国がイギリスとアメリカ。
Coronavirus Deaths by U.S. State and Country Over Time: Daily Tracker
最初に新型コロナウイルスを発見したのが中国でしたが、その被害は人口比でこの2国に比べて軽微。
ネトウヨはフエイクニュースに簡単にはまるので、骨壺や携帯解約数などの状況証拠で中国の死者数はもっと多いというがそれは無理がある。
武漢の人口数からすれば、あの程度の数は骨壺は平常時で必要ですし、中国の人口数からみれば、携帯の解約数はこの状況下では妥当な範囲。
まだわかりませんが、死者数の多さ、ゲノム解析からすると感染源は中国やアメリカではなくイギリスの可能性が高くなったきたと思います。
中国の死者数は公式発表より多いでしょうが、米国のそれはもっと多い可能性が高いです。
NYタイムスなど各種報道によると、アメリカの死者は実際、今現在でも少なくとも2万を超えているそうです。
アメリカは今年も新型インフルエンザの死者数が多いですが、結局、新型インフルエンザが原因か新コロナが原因かわからず一律に肺炎が死因とされていケースが多い。
米国は検査費用が高く、医療費も高いので自宅でなくなる人が多いからです。
PCR検査やCTの不足、医者数の少なさなどの検査力の弱さから、検査は生きている人が優先で、死んだ人はいちいち調べていないそうです。
トランプはさんざん、中国のせいにしてきましたが、もし新コロナの感染源がイギリスだとしたら、イラク戦争のときの大量破壊兵器があると吹聴したブッシュjrの二の舞になります。
トランプの政治生命は終わりで、ただのフエイクニュースを叫ぶ変なおっさんという汚名だけが歴史に残ります。



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/04/10 00:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン