FC2ブログ

BullionVault

金投資は金ETFがベスト(UPDATE3)


米4~6月期GDPは年率25%減-ブルームバーグのエコノミスト調査
新コロナパニックでの経済的ダメージは米国が相対的に大きいようです。
これは想定内。
新コロナパニックはあくまでも針にすぎず、米国のバブル経済が風船だっただけ。構造的な問題です。
ゴールドマンや資本家、株屋などの市場関係者が楽観しているほど、米国経済がV字回復することはなさそうです。
新コロナパニック自体の人的被害は過去のパンデミックやその他のスモッグに起因する肺疾患、うつ病による自殺、成人病などの病気に比べるとそれほどでもない。
ただ、医療体制の不備といった人災の側面がつよかった。
その一方で、実体経済へのダメージは大きいです。政治家やマスコミがパフォーマンスに使用したため大げさな封鎖政策をとったからです。マスクの徹底と人との会食を避ける程度である程度防げて、それ以上騒いだところで結果、効果はほとんど差がないでしょう。感染拡大防止と経済のトレードオフのバランスを完全に見誤った。
そして、金融経済へのダメージは各国MMTにより今は軽微です。しかし、いずれ第二波や第三波の歴史に残る大暴落がくる危険性は高いです。
それはもはやブラックスワンではない。
リバ狙いの楽観的なリスクオンのブルは結局、退場する。
普段は負け組や狼少年扱いされるベアが大勝ちするのはいつものこと。
タレブが関わっているファンドがまたしてもボロ儲けしたという報道もありました。
オプションの買い、VIXの買い、株を空売りするのはハイリターンが狙えますが、リスクも大きいです。
ここはこつこつ金で長期投資するのがベストだと思います。
金投資にはいろいろ方法がありますが、銀や鉱山株や現物金ではなく金ETFが手数料や保管料の安さや売買の容易性でおすすめです。
銀や鉱山株はコモディティや株の要素が強く混ざりモノなので金価格上昇の恩恵を受けれるかは今後、わからない。
銀や鉱山株を買う人は、金価格が上昇したときにそれをアウトパフォームするのを狙っていると思いますが、リスクが高い上にその狙いが実現する保証はない。それなら、金ETFを信用買いしたほうがいい。
銀市場や鉱山株市場は、金先物や金ETF市場に比べて流動性が低く、投機筋が多いので上げるときは早いが売られる時はそれを上回るスピードで下げる。資産保存や長期投資には向いていない。長期保有すると手数料がかかる金先物や金CFDも長期投資には不向き
コロナパニックで宝飾品などの実需が弱い現在、金価格上昇を牽引しているのは金ETFです。コインなどの需要も増加してますが需要に占めるシェアは少ない。品切れになっているのは需要が爆発しているというよりはサプライチェーンが切断されているのが大きい。コインは中間マージンの中抜きが大きく利益が少なくなる。
金ETFはカウンターリスクやデータ喪失などのテールリスクがあります。
しかし、現物金にも盗難、津波・洪水などの自然災害による占有喪失の危険性があります。また、自然災害、戦争、原発事故、パンデミックなどがおこったさいに、外出困難、換金所閉鎖などでキャッシュ化の困難といったテールリスクがあります。もちろん、身分証明書の提示を要求されないところや、ネットオークションなどで購入すると、混ざりモノを掴まされる危険もあります。
政府から没収されやすい資産税を課せられるのは合法的に買うのなら一緒でしょう。
戦後の例でいえば、新円切替(デノミ)→預金封鎖→資産税となりました。
通貨切り替えを告知し、旧札が使えなくなることをおそれたタンス預金者に銀行に預けさせ、そして預金封鎖をしました。
そして政府はあぶりだした預金に資産税。
この資産税は不動産や現物金にも課されました。
もともと金は非合法な入手手段でないかぎり本人確認される紐付きですから預金などと同じで資産税から逃れられません。
大多数の国民が持つ資産である預金に比べて、金に対する資産税の税率は高くなるだろうと予想します。
クーデターでもおきない限り、現憲法下では議会を通さず、そういうことはできませんが、金が没収されたり資産税を課せられたりするような事態になれば、もちろん他のキャッシュなどありとあらゆる資産に財産税がかけられます。
国外に金を持ち出すこともできない。換金もできないので、闇ルートで物々交換するしかありませんが、そういうことができる人は限られる。
現物金や不動産などの現物資産は、政府が監視しやすく、財産税増税で狙われやすいが、キャッシュは隠しやすい。
とりあえず、金ETFで金投資をして、ある程度インフレが加速し、金融・財政・通貨などが危険的状態になったら、現引きするのではなく、キャッシュにしておいたほうがいい。まだまだそれから金価格が値上がりするかもしれませんが、しっぽはくれてやるぐらいであまり欲を出すのは危険。ポートフォリオの大部分の金のままにしておくのは意味がない。最終局面ではじょじょにキャッシュの割合を増やししていくべき。そのような状況は今はほど遠いですが。金価格がさすがに青天井にのぼりはじめると目をつけられやすくなる。
キャッシュがないと生活必需品はかえません。最後はキャッシュです。
それなら現物よりキャッシュ化が容易な金ETFでしょう。





にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/04/10 15:53 ] おすすめ | TB(0) | CM(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/04/10 17:08 ] [ 編集 ]
Re: キャッシュ・新紙幣発行・旧紙幣無効化
> ブログ,何時も拝読しております.参考になること大で,助かります.
> 質問があります.
> 「金ETFがキャッシュ化し易い」というは解るのですが,
> キャッシュ化して,紙幣をタンス預金しておいても,
> 「新紙幣発行,旧紙幣無効化」には,対応できないと思います.
> この点についてはどのようにお考えでしょうか.

戦後の例でいえば、新円切替(デノミ)→預金封鎖→資産税となりました。
通貨切り替えを告知し、旧札が使えなくなることをおそれたタンス預金者に銀行に預けさせ、そして預金封鎖をしました。
そして政府はあぶりだした預金に資産税。
この資産税は現物金にも課されたました。
もともと金は非合法な入手手段でないかぎり本人確認される紐付きですからキャッシュと同じで資産税から逃れられません。
大多数の国民が持つ資産である預金に比べて、金に対する資産税の税率は高くなるだろうと予想します。

[ 2020/04/10 19:04 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/04/10 20:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン