FC2ブログ

BullionVault

金(貨幣)になれなかった原油(update1)


米国は、コロナ対策の第4弾財政出動、4840億ドルを打ち出しました。今日にも下院を通過して成立する見通しです。
もともと緊縮財政派が多い共和党ですが、選挙前だからばらまきは避けられない。
財政出動は即効性はあるが副作用も強い。何回もやっていると、乗数効果が減少していく。
特に今のような消費者マインドや投資マインドが低下しているときはそうだろう。
財政出動は構造改革を阻害し、将来の消費を食い尽くし、長期安定的な経済成長を破壊する。
財政赤字悪化、バランスシートの悪化は貨幣の信用を毀損し、インフレ予想を高める。商品やサービスの価値は上がる。
しかし、今現在、実物資産である原油価格はボロボロになっている。
原油は供給量を増やすのが比較的容易である。サンドオイルやシェールを除けば、穴を掘れば吹き出してくるから。
しかし、それを止めてしまうのは比較的難しい。
新コロナパニックでガソリンの需要量が減るなかで、原油供給は増え続けて、タンクやタンカーが満タンになってしまった。貯蔵ができなくなって原油価格は暴落した。
余ったものを産業廃棄物のように捨てることもできず、保管料がマイナス価格を発生させた。
トランプがイランとの戦争をにおわす口先介入して、すこし反発したが、また、すぐに、先物の取引最終日が近づくと在庫の問題がぶり返す。

以前は、金はただの石ころだということをいう人がいた。原油のような効用がないから、人の共同幻想だけがその価値を維持しているという理屈だ。金を貨幣にするなら原油のほうがいいともいわれた。原油は黒いゴールドと呼ばれ、ニクソン・ショック後はドルはペトロダラーと評された。金のかわりに原油がドルの価値を担保し、ドルは原油の兌換紙幣となった。
しかし、金はただの石ころとは違う。金には貨幣に要求される価値貯蔵という機能に適した物質的特性がある。
原油のように簡単に供給量を増やすことができないからこそ価値が安定している。
また、貯蔵するのに原油のようにかさばらない。原油や食料品などと違い、消費期限がない。それよりは保存が効く鉄などの卑金属とくらべても腐食しないから長期の保存に適している。

今回の原油安は原油が貨幣としては適していないことを明らかにしたと思う。
原油よりさらに供給量を増やすことが簡単なドルなどの紙幣信用マネーがその増発により購買価値が減価することが予想されるなかで、その代替貨幣となれなかった。
新コロナパニックが長期化すれば、無限の財政出動が繰り返される。ヒューマニズムという大義名分があるので戦時中のようにそれは際限なく続く。一度癖になったらやめられない。やめようとすれば、高橋是清の二の舞になるので政治家は誰もやめない。中銀の独立性は今は完全に失われた。
そして新コロナのパニックが沈静化しても金融経済も実体経済ももとのバブル経済の水準にはとても回復はできない。そのため、上げ潮に押されて、慣性のように財政出動は続く。金利が低下した先進国の国債のファイナンスは中銀しかできなくなっているから中銀のバランスシートは拡大していく。
MMTは新しい理論ではなく、戦時理論そのものである。戦時中、戦後に強力なインフレが発生する。
インフレといえば、今まではその主役は原油などのエネルギーであったが、これからは金などのメタルがその中心となると期待する。パラジウムや銅も有望だと思う。パフォーマンスは劣るが銀やプラチナの価格も上がると思う。逆に小麦などの食品関係は保存の問題と需要の伸びが限定されるのでそれほどパフォーマンスはよくないと思う。
エネルギー効率の点から電気自動車のそれがとってかわることはない。電気自動車は大気汚染が申告な一部の都市に限定される。原油は今は悲惨だが、価格はそのうち上昇していく。リスクをとれる人はそろそろ買い始めてもいいと思う。
一番上昇するのは人件費。ブロック経済化が進んで自由貿易が阻害されれば比較優位の機能が働からずマンパワーの配分の効率は低下する。先進国が生産手段を国内に喚起するし、新興国も成長するから、人経費はあがっていく。
人件費の上昇は金融緩和で助けられてきたゾンビ企業にとっては収益悪化の原因になる。多くの企業が退場する。
株のインデックスはボロボロになる。しかし、新コロナのガラガラポンで、一部の優良株が大きく買われると思う。
それを見極めるマクロなファンダメンタルズ分析が重要になる。
パッシブ運用、インデックス投資の時代も終わる。
もともと将来の予想にはほとんど役に立っていなかったが、簡単で直感的なため一部の投資家には人気がまだまだ根強かったテクニカル分析もポストコロナ時代には絶滅していくと思う。それはフロイトの精神分析学と同じ運命をたどる。

有り余ったキャッシュはインフレにより減価していくので、いつまでも貯蔵しておけず、いずれ流れ出す。
とはいっても、ポストコロナにどの資産の価格が上昇していくかは正直まだわからない。
そのため、消去法で金が買われていくと予想する。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/04/23 13:18 ] おすすめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン