FC2ブログ

BullionVault

金の偽物に注意(update2)


新コロナパニックによるサプライチェーンの混乱で現物金の入手が困難になり偽物被害がでているそうです。

この流通分断の隙間を縫って大量のHeraeus とPamp の贋作ゴールドバーが流入してきているようです。殆んどのところは買い取りしないでしょうが要注意です


@BruceIkeGold
ネットオークション詐欺10
犯罪収益移転防止法により200万を超える購入の際には身分証明の提示が必要です。
200万を超える現物金の売買記録は国税だけでなく、公安も把握しているはずです。
身分証明証の提示が要求されないような業者やオークションでの購入は模造品や粗悪品の危険があるので、よほど鑑定に自信がある人以外はやめたほうがいいと思います。
500g未満の金地金にはスモールバーチャージという純金の加工料がかかります。
地金は、500gか1kgの重量で加工され流通するのが一般的なため、500g未満の地金の売却にはもう一度加工しなければならないという理屈です。
今だと500gは300万程度です。
身分証明証の提示を避ける小口での購入場合、このスモールバーチャージを余分に支払わないといけないマイナスがあります。このスモールバーチャージは売却のときにもかかります。もう一度標準の地金に加工するためです。
なお、コインの加工料や手数料は地金よりさらに割り高です。

米国に星の数ほどあるゴールド・シルバーバグのカルト的陰謀論系サイトは、みな、現物至上主義です。
先物やETFは紙の金ということでその価格はデタラメと主張しています(もっとも今は紙の価格のほうが高いのでそういう言説は減っています)。
特に銀のコインが人気です。
米国のティーパーティーなどの新自由主義者、リバタリアンは政府の格差是正のための経済的自由権への介入を嫌います。そのため、中央銀行に対しても否定的で、ドルを否定し、金、銀の現物だけを信じています。そのため、リバタリアンには、ゴールドバグ、シルバーバグが多い。
そういうサイトは金や銀の現物の販売をしているところも多いです。
そのため、カタストロフを煽り、現物を買い煽るそういうサイトの主催者が主張する話の内容は、話半分で聞いたほうがいいです。
紙の金にはカウンターパーティリスクがありますが、現物にも流動性リスクや占有喪失リスク、そして、贋物を掴まされるリスクがあることを念頭においておかかなければいけません。
売買手数料や保管料も割高で、税も複雑です。
現物を直接占有する安心感とそれらデメリットをトレードオフして考える必要があると思います。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/04/30 19:59 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン