FC2ブログ

BullionVault

MMTに騙されてはいけない


「救済」が生み出す分断と借金:ジェフリー・ガンドラック
起こりうるのは通貨への疑念:ウォーレン・バフェット
円安の恐怖


ガンドラックが言うように、MMTが理論として成り立つんだったら税金はいらなくなる。
等価交換の原則を無視したそういう輪転機の永久機関がトンデモ論だということは古今東西、経験則で子供でもわかることだろう。
バフェットが言うように、MMTの危険性は国債のデフォルトではなく、通貨安とそれに伴うインフレの高進である。
MMTは実体経済よりはるかに巨大に膨張した金融市場経済の存在を無視した机上の空論である。
MMT論者は金融市場をまったく理解していない。
MMTによる金融政策や財政政策で先食いした消費は、いずれ、インフレ税という租税法律主義を脱法したステルス消費税で国民が支払わないといけない。
それは、大塚耕平氏が指摘するように、弱者がもっともその被害を受ける。
資本主義が限界に達した今の時代、大逆転を狙えるような奇抜な秘策は存在しない。
成長社会から持続可能性社会への転換や個々人の価値観のパラダイム転換という地味で大衆受けしない戦略しかない。
口当たりのいい言説を声高に主張する目立ちたがりのMMT論者の言うことに騙されてはいけない。
多くの国民は上げ潮派、リフレ派の言うことに騙されてきた。彼らは注目を集め、問題を先送りにし、そして失敗した。
MMTは、名前こそかえているが、本質は同じ。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/05/06 14:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
インフレ税で弱者が最もその被害を受けるというのは空論.
かつての弱者が救済されて需要が急増しているからのインフレであって,それを抑えるために強引にいままでの強者優遇の税体系で課税しようとすることなど許されないという政治状況になっている.もしMMTが導入されていればの話だが・・・.
まあ,革命は難しい.
[ 2020/05/06 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン