FC2ブログ

BullionVault

通貨・貨幣システム崩壊の可能性が高まる:レイ・ダリオ(update2)


通貨・貨幣システム崩壊の可能性が高まる:レイ・ダリオ

ダリオ氏は、通貨や信用が減価するのをすべて悪いと考えているわけではない。
良い減価・悪い減価が存在するという。

良い減価: 債務負担軽減により生産性・企業収益・実質株価が改善することがある。
悪い減価: 投資家が現金・信用を売り、インフレに強い資産や外国通貨に逃避してしまう。



良い減価なら、リスクオンで米株を中心にした株が買わます。通貨はドル円が買われるでしょう。実物資産では、原油や銀や銅、不動産などが買われるでしょう。ビットコインも便乗して上げるでしょう。金もそれなり買われます。
悪い減価なら、米ドル、米株、米国債すべて売られるトリプル安になります。リスクオフでも米国債は安全資産にならない。最初はQEで金利は低下するが、そのうちに抑えきれなくなる。通貨では、人民元、スイスフランなどが買われると思います。
円はドルに対して最初は買われ、その後は売られると思います。
ユーロや新興国通貨、資源国通貨は逆で、最初は、ドルに対して売られ、その後は買われると思います。
株は一部の優良銘柄だけが買われます。FAAMGはマイクロソフトを除けば厳しい。投機的なビットコインは無価値になります。中国やインドといった一部の新興国では株バブルが発生する危険があります。
もちろん、悪い減価の場合の本命は金でしょう。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/05/09 17:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン