FC2ブログ

BullionVault

やっぱり欧米はバブルか


PIMCOといえば、債券王ことビル・グロースとモハメド・エラリアンの2トップが有名です。
この二人以外の発言をメディアがとりあげることは少ないですが、ロイターがPIMCOのマネジングディレクター、アンドルー・ボゾムワース氏の発言をとりあげています。
やはりバブル?
「ボゾムワース氏はまた、積極的な金融政策が資産価格を膨らませ、一部のセクターはバブルの様相を強めているとし、ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)に連動した資産を見つけるのが難しくなっていると述べた。
「超活発な中銀の金融政策が株と債券の価格を2008年から年約8%のペースで押し上げてきた。これは世界の国内総生産(GDP)の伸びの2倍だ」と指摘。「続くことはあり得ない」と断じた。」

中国の内需へのシフト
「国については中期的に年約2%のプラス成長を予想。中国は最大で年7.5%の成長と消費主導の経済へ転換を遂げるだろうとし、ブラジル、ロシア、インドについては長期的には深刻な逆風に見舞われるとの見方を示した。先進国が競争力を高めるために自国通貨の為替相場を押し下げることが、これら諸国の潜在能力をさらに殺ぐ可能性があるとも指摘した。」
ゾンビ欧州は日本と類似、失われた10年のリスク-PIMCO


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/05/29 00:04 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン