FC2ブログ

BullionVault

失業保険申請、継続受給者、高止まり


失業保険申請も継続受給者も市場予想より悪かった。
ロックダウン解除後も、失業保険申請、継続受給者、高止まり。
米国では、通常の失業給付額に加え、7月末までは連邦政府の財源で前職の賃金に関係なく一律週当たり600ドル(約6・4万円)の追加給付をCARES法に盛り込んでいる。
7月末までは働かないで失業保険をもらったほうが得な人が多い。
そのため前回の個人消費で無駄使いがめだった。
7月末からが本当の戦い。
失業給付のかわりに米国が容易したのが「給与保障プログラム(PPP)」
これは、従業員500人以下の企業が雇用を維持すれば、給与や賃料、光熱費など約2.5か月分、最大1,000万ドルまでは政府が肩代わりするという仕組みである。
しかし、これも2.5ヶ月先延ばしにしたにすぎない。
それが雇用を促進するかはかなり微妙。
今の相場はボックス圏で推移。
米国のコロナの新規感染者数や死者数のチャートも横ばい状態で、上に抜けるか下に抜けるかわからない状態。
しかし、これから第三四半期突入前後から7月末に向けて波乱がありそう。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/06/18 21:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン