FC2ブログ

BullionVault

テスラバブルは続かない


バイデン勝利の環境対策期待でテスラ株にバブルが発生しています。
マスク氏は警告、それでもFCV推進の中国-次世代車でさらに先行か
水素に未来はあるのか?

電気自動車は自動車創生期から存在した。
しかし、様々な弱点により市場淘汰された。
エネルギー密度の問題やインフラの問題、補給時間などの問題は今でも解決されていない。
都市近郊ならともかく、郊外や商用トラック、発展途上国などでシェアを握ることはない。
しかも、バッテリーに必要なコバルトなどは中国が独占している。採れる場所は限られ、その枯渇は原油より
早いという見解もある。その代替品の開発の技術的障壁は高い。他のレアメタルや半導体などのようにはいかない。
しかし、その中国の本命は水素エネルギーを機関にしたFCVであり、電気自動車はつなぎにすぎない。
水素エネルギーにも様々な技術的障壁があるが、それは電気自動車がその弱点を克服するよりは容易と思える。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2020/11/20 15:39 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン