FC2ブログ

BullionVault

中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない


中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

中国の経済的影響力は、アメリカのように着実には増加していかない、と同社は予測しており、その一因として2030年までに中国の労働人口が年間0.5%以上減少することを指摘した。一方、アメリカの労働人口は中国よりも高い出生率と移民による人口増加に支えられて、今後30年間で拡大すると見られている。



経済成長に伴い中国の人口増加率は先進国同様減り続けている。
一人っ子政策を事実上廃止したあとも出生率の上昇は見られない。
中国の人口増加率は米国のそれを下回ってきた。
しかし、ここに来て米国の出生率や人口増加率(移民を含む)の低下スピードはそれを上回るようになった。
コロナ過でどの国も出生率や移民が減少したがダメージの大きい米国は特に影響が大きいだろう。
コロナ前の2019年人口増加率も米国のそれはついに中国を下回るようになった。
バイデン政権によって移民の数は回復するだろうが、トレンド的にみれば米国のほうが人口動態が悪い。
米国の人口動態が中国よりも将来的にはよくなるという楽観的な予測は眉唾ものだと思う。


[ 2021/03/02 03:00 ] 記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロキソニン