BullionVault

流出する金ETF、上海プレミアムとの相関


fig4.gif
Sprott Asset Management LP (SAM LP)
上海プレミアムとは、ロンドン・フィキシングで決まった現物金の価格と上海金取引所の金価格との差です。
この上海プレミアムとNY金ETF(SPDRゴールド・シェア)から流出した金の量(トン数)との間には強い相関があるようです。
負の相関係数は-0.53です
有意水準です。
SPDRの金倉庫は、ロンドンにあるそうです。
金の輸送や保険料は大型の取引や銀行にとってはかなり安くなっているみたいです。
プレミアから諸経費を引いてプラスであれば、金ETFを現引きして中国で売って利ざやを稼ぐ裁定機会があります。
ファンドだけでなく、JPモルガンやHSBCのようなブリオンバンクにも中国で金を売るインセンティブがあるといえます。
大きな損失を埋めるために金を売っているのではと妄想もできます。
日本の江戸末期に金銀が大量に外国に流出したのも国内外で金と銀の交換レートが異なったからです。
欧米から金の流出がすすんでいるようです。
今現在の欧米や日本の政府機構は長続きしないのかもしれません。

Zerohedge


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/06/05 11:09 ] おすすめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン