FC2ブログ

BullionVault

おすすめ投資系 youtuber 


コロナバブルで初心者投資家が急増しています。
全世代で投資への関心が集まっています。特にこれまで投資には関心のなかった学生など若い人や主婦の投資への関心が集まっています。
私のところのような影響力皆無の泡沫ブログですら以前は中高年の男性が訪問者の中心だったのが、若い人や女性の訪問者が増えてきたようです。
その初心者たちが情報源として利用しているのがもっぱらYOUTUBEです。
投資歴一年の投資家や20代の投資家の半分がyoutubeをもとに投資しているそうです。
これまでは5%程度の利用だったことを考えると急増です。
まさに投資youtubeバブルが発生していると思います。
情報は玉石混交です。
ショーペンハウアーは「良書を読むための条件は、悪書を読まないことである。 人生は短く時間は有限である」と述べました。今のネット社会は当時よりも情報は溢れかえっていますが、さらにその取捨選択が難しくなっています。
もっともどのYoutuberがいいのか判断するにはある程度動画をみないと判断できません。
そこでヒューリスティックを使って選別する必要があります。もちろん判断間違いも生じますが。

かなりカドがたちますが、あえて私のヒューリスティックに基づく評価を晒します
玉 
エモリちゃんねる
ピクテ投信投資顧問株式会社
なるほど!投資ゼミナール

以上のユーチューブは金投資やコモディティ投資を考えている方に特におすすめです。株や債権、為替の投資を考えている人などすべての投資家にとっても有益な情報があります。


それ以外のyoutubeは検索や再生数上位など有名どころをざっと見ましたが、あまり役にたつところはないと感じました。
本当は一覧をつくったのですが、また敵をつくるので名指しは避けました。

話や編集がうまくテンポのいいところや、ものすごく基本的なところから丁寧に説明しているものは脳の負担が少ないため人気がありますが、そういうところばかり見ていても実力はつかないと思います。
わからない言葉がでてきたら検索すること。昔から質問する前に文献に当たれというのは基本です。
またテクニカル系のところは、ユーチューブだけでなくブログも含めて全部ゴミです。これは個人ではなく投資顧問などプロの方がやっているものにも当てはまります。
投資家は必ずしも合理的ではありませんが、それでも、先進国の主要な金融商品市場は限りなく効率的になっています。
10年前ならともかく、現在では新興国市場、注目度の低い小規模の個別株などを除けば、個人の主観に基づくテクニカル分析は通用しなくなっています。コンピューターによる統計的・定量的なテクニカル分析ではない、ただの個人の主観的観測に基づくチャート分析はロールシャッハ・テストみたいなもので売りでも買いでもどっちにでも解釈できます。
移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンドなどのトレンド系、エリオット波動やダウ理論などのサイクル論、酒田五法、フィボナッチ比などのチャートパターン系、MACD、RSI、ストキャスティクス等オシレーターなどは占いの水晶みたいなもので役にたちません。データ・スヌーピング・バイアスに歪んだ似非科学です。
もっともテクニカル分析を全否定するわけではありません。週足、月足単位のトレンドラインや支持線、抵抗線は一定の目安になります。モメンタムの慣性はあるのでトレンドラインは有効ですし、しこりを確認するために抵抗線や支持線は目安になるでしょう。
出来高もある程度は参考になります。




[ 2021/05/07 19:45 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロキソニン