FC2ブログ

BullionVault

金投資で見るべきチャートやデータ(Update1)


金相場の価格変動の説明変数としの関係性が高いもの
1 米10年債利回り 米2年債利回り
2 米10年物価連動債(TIPS) 
*実質金利 インフレ期待を示す。
3 ドル円、ユーロドル、ユーロ円以外のドルストレート、ユーロクロス、クロス円。
*ドルやユーロや円が売られると金は買われるが、ドル円やユーロドル、ユーロ円をみているだけではそれはわからない。
ユーロドルやドル円に左右されるドルインデックスも同じ
4 人民元を代表とする後後国通貨
5 豪ドルを代表とする資源国通貨
*4と5は、ドルやユーロや円と異なり正の相関がある。
6 金ETF現物保有高
7 月足金チャート
*陽線2~3本、陰線2~3本でトレンド転換することが多い。

株や原油や仮想通貨はそれほど説明変数としての関係は高くないが、あえていえば原油や中長期、仮想通貨は超短期では関係してくる。
あと、長期的にはFRBや日銀やECBのマネーストック(マネーサプライ)、バランスシート、政府債務も相関してくる。


[ 2021/06/10 02:02 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロキソニン