FC2ブログ

BullionVault

日経平均大幅反発も売買代金は低調


日経平均は大幅反発したが売買代金は低調のようです。
新規の買いが入らず、投機筋のショートカバーの域をでていないように思われます。
為替、債券市場、金市場は、金曜の雇用統計の結果をFRBの量的緩和縮小アリと解釈して動いています。
株式市場だけが、緩和縮小ナシと解釈して動いているようです。
解釈がわかれています。
そもそも、QEの縮小を相場のテーマとして提示したのは、FRBの番記者でバーナンキがアナウンスメント効果のために使っていると思われるWSJのヒルゼンラス記者です。
ヒルゼンラス記者自身は、金曜の雇用統計の後、その結果を縮小アリと解釈しています。
縮小ナシとのストーリーで株高を追っているとハシゴを外される可能性もあります。
どっちにしろ縮小アリナシは茶番ですが、市場をコントロールしようとする金融カルテルや金融当局者の動向には要注意です。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/06/10 16:37 ] 市況 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン