fc2ブログ

BullionVault

岸田ショック


で株価が下がったといっている市場関係者の99%は後知恵バイアスとイデオロギーバイアス強めで予測能力が低いから、眉唾。
岸田新内閣は、支持率が低くハードルが低い、いいスタートを切ったと思う。
安倍と麻生の傀儡、短期政権とマスコミが騒いでいるのも好都合。
これから支持率が上がり、長期政権になるフラグがたった。
安倍が萩生田や高市を押し込もうしたポストは与えなかった。
細田派内にある反安倍派に重要なポストを与えた。
若手の将来の総理大臣候補も何人か抜擢した。今年のオリックスのように下馬評は低かったが、大きく化けるポテンシャルをもった人選だと思う。
学歴エリート偏重ともいわれるが、これまでのように2世3世のわけのわからない経歴の世襲ボンボンたちが大臣やるよりはマシでしょう。関係ないが維新とかも、うましかばかりの巣窟。
世論調査では安倍や菅の路線継承に国民の大多数が反対しているという。
アベノミクスをやたらと持ち上げていたリフレ派の右曲がりのエコノミストがアベノミクスは相対貧困率を低下させたとか詭弁をつかって弁護していたが、中間層が弱り、可処分所得が減っているだから当然のこと。アベノミクスが格差を拡大させ、長期趨勢的な総需要低下を招いたことは事実。
ネトウヨのアイドルだった安倍は世論で悪者、終わった人、老害という印象を刷り込まれてきた。アベとその一派の力は完全に衰えたと思う。これは日本にとってプラス。
二階や菅といった老獪な権力者の影響力も落ち、河野、石破、小泉といったポピュリストの世間からの支持も下がったと思う。
次の衆院選では大勝は難しいにしろ善戦が予想されるが、それでも安倍チルドレンといわれる右曲がりの若手議員たちの何人かは議席を失うだろう。これも日本の政治の元凶の細田派弱体化でいい流れ。
竹下派の復活と原発ムラの甘利が力を増すのは懸念されるのが心配だが。
キャピタルゲイン増税で安倍や河野、高市好きの新自由主義者の金融クラスタたちが、どれだけ騒ごうが、日本の未来にとって悪い流れではないと思う。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2021/10/07 23:43 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ロキソニン