FC2ブログ

BullionVault

新興国の明暗


アメリカへの輸出に依存するメキシコ(輸出の90%近く)はアメリカの不況の深刻化の影響で成長率予想を3.1%から1.8%に大幅下方修正
メキシコ:今年の成長率予想を1.8%に引き下げ-米国輸出鈍化
一方、欧州向け輸出の割合が一番大きい中国は、欧州経済の底入れで輸出が復調し、成長目標の7.5%を達成可能とのの予想が大勢。
中国は今年7.5%成長目標の達成可能-市場関係者52人の調査

アメリカは名目金利が上昇しています。アメリカの期待インフレ率は低いままですので、実質金利が上昇していることになります。そしてアメリカのGDP成長率が大幅に下方修正されていることから実質金利の上昇はリスクプレミアムの上昇を意味しています。

金利の上昇がアメリカ経済の正常化という株式市場関係者の弁明は説得力がありません。そのため、金利上昇で株価も下がっています。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/08/21 13:52 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン