FC2ブログ

BullionVault

「変りつつあるゴールドマーケットの空気」池水雄一氏


「変りつつあるゴールドマーケットの空気」
1.過去に例がないほどの実需の現物買い
2.膨らみすぎたコメックスの投資家ショートポジション
3.5/22のBernanke発言でのQE3縮小が5月からの下げでほぼマーケットに折込済みになったこと。
4.Gold ETFの売りの勢いが衰えてきて、8月第二週は昨年12月以来初めての純増となったこと。
5.ゴールドの生産コストの問題。


引用

 過去例をみない強烈な実需の買い、行き過ぎたファンドショートのカバー、ETFの売りの減少、そして生産コストの問題、これらの材料から現在ゴールドは年初来の下げを巻き戻しつつあります。あとはやはり9月のFOMCに対してのファンド筋の反応がどうなるか、が最大の焦点でしょう。個人的にはもはや織り込み済みだと思いますが、どうなりますか。


欧米の金融機関でも金に強気の予想をするところが出始めています。
潮目は変わりつつあります。
1490ドルあたりを超えてくれば、上昇トレンド転換がはっきり確認できると思います。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/08/22 20:07 ] 要人発言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン