FC2ブログ

BullionVault

1ヶ月前に既にシリア攻撃は決定していた?


z (1)
Raytheon Co. (RTN)
トマホーク 一本 1億円
ミサイル駆逐艦、1隻に搭載できるトマホークは最大100発程度
それが×5 ざっと、約500発。100本使えば100億の売上です。
レイセオンの株価は7月の終わりぐらいから急騰しています。
ちょうど戦局が政府軍に有利になりはじめた頃です。
随分前に攻撃は決定していたのかもしれません。
化学兵器使用はアメリカの自作自演か本当にシリア政府軍が使用したかは別にして後付けの口実である可能性が高いです。アメリカには前科が山のようにあります。アメリカの戦争の歴史がそれを裏付けます。

GDPは景気低迷の消費減による輸入減で逆に上方修正される皮肉な結果になりました。
アメリカのマクロ指標がでたらめになってきています。不正規・パートで嵩上げされた雇用統計、アメリカの都合のいいように変えられたGDP計算法、バブル化した住宅指標など、あてにならないものばかりです。
そのなかでも個人消費や個人所得は数少ない信用できる実体経済のマクロデータだと思われます。
その肝心の個人消費、個人所得は市場予想を下回り低調でした。
実体経済が弱ければ景気刺激のため大量のドルの発行をします
戦争するにはお金がかかります。ますますドルの発行が必要になります。
大量にドルを発行すればそれと同じだけの国債の発行が必要です。
国債がふえれば増えるほど利払いが増えます。
その利子を受け取っているのはごく一部の支配者です。
アングロサクソンやユダヤなどの極小数の金融資本家は労せず、国債の利子(国民の将来の労働の対価から徴収した税金)
を手に入れることが可能になります。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/08/30 22:48 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン