BullionVault

産金最大手バリックがゴールドマンに接近


data02.jpg


バリックゴールドの2013年第1四半期決算がありました。
収入は34億4000万ドル(前年比6%減)。
純利益は8億4700万ドル(前年同期比18%減)
調整後利益は9億2300万ドル
生産コストは1000~1100ドルから、950~1050ドルに下方修正

産金コストは、利益をあげているとみせるため、株主対策で低く見積もられる傾向があるようです。
産金コスト+利益。多くの株主はこの利益が配当されることを望んでいるからです。
いまは金価格は下がり、産金コストギリギリです。そのため産金会社に対する株主の圧力は強まっているようです。
そこで、バリックはゴールドマンに接近して、活路を見出そうとしているように思えます。

ゴールドマン、金価格見通しを引き下げ-サイクルの転換加速

金鉱株、08年以降で最大の下げ-金が過去33年で最大の下落

産金会社、金相場1300ドル下回ると不採算に陥る恐れ

産金最大手バリック、ゴールドマン出身の後継者に挽回託す

ゴールドマン:商品相場見通しを下方修正-金の下落予想撤回


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/04/25 12:49 ] ニュース | TB(0) | CM(2)
やめといた
ほうが、いいのではないかな? 骨まで しゃぶられるかも。
[ 2013/04/25 16:29 ] [ 編集 ]
産金会社の需給調整まで手にいれたら、金価格の上げ下げは想うがままになってしまいますね。
[ 2013/04/25 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン