FC2ブログ

BullionVault

ダンク失敗か?


Von Wafer missed dunk!
アメリカのデフォルトは当面、回避されるようです。
共和党の議員の誰も自分が世界恐慌のスィッチを押したと責められたくありません。
そのような責任をおいたくないので、最後には弱腰です。
上院で結構反対票がでたのは驚きですが、下院でも過半数は確保できるでしょう。
金は材料出尽くしで買い戻されています。
噂で売って事実で買えの、相場の格言通りです。
投機筋のショーターが買い戻しつつあります。
スラムダンクはなかったようですが、下院で可決されオバマがサインする最後の局面でGSなどのユダヤ金融カルテルが、自分たちの予想の影響力の維持のため仕掛けてくる可能性があるので要注意です。

もっとも今回の合意でアメリカの信認が回復したわけではありません。そのため、これから少しずつ安全資産としての金が見直されてくるようになると思います。
安全資産としてはボラが嫌気されていますが、それは量的緩和で流動性が低下した米国債や日本債なども同じです。
それよりもリスク分散です。今回の騒動における金の動きは、株やドルとの逆相関の動きでした。これは、金がドルやドル債の暴落のXデーのときにヘッジになることを証明したと思います。Xデーに対して、世界中の中央銀行が準備に本腰を上げ始めたニュースがどんどんでてきています。
これから、政府や機関投資家などの長期の買いが徐々に増えていくと思います。

短期筋の先物のショーターは、他の欧米の投機筋も同じように売るだろうという安心感はあります。似たもの同士なので行動を予想しやすいからです。しかし、動きを想定しづらい中国やインドの現物需要を恐れていました。
GSなどがストップ狩りをねらった売りを何度も仕掛けてきましたが、そのようなテクニカルな急落に徐々に市場は慣れてきました。
パニックになることもなく、下げ止まりを確認してから、そのタイミングをチャンスとばかりにジリジリ買いをいいれてきています。
今度下げたら果たして中国やインドは買うのだろうかといわれていましたが、中国やインドの現物のプレミア価格は上昇しています。
中国は個人輸入の規制が緩和されるようです。個人で輸入すればプレミアムが得られます。インドは輸入規制で増税していますので、密輸すれば、増税した分がまるまるプレミアム利益になります。インドの国境警備隊は賄賂でなんとでもあるので、簡単に密輸できます。政府も為替に影響がないので、その取り締まりを強化するわけでもなく黙認しているといえるでしょう。
一部マスコミやエコノミストなどが言っていた中国やインドの需要の陰りは今のところ観測されていません。
価格が下がれば徐々に買わなくなるだろう程度の理論的にも実証的にも説得力を欠く希望的観測で述べていたにすぎません。
また、今回の債務上限の問題で、金の流動性が見直された思います。
アメリカがデフォルトの危機に直面すれば、短期市場の金利が急上昇して一時的にドルが手に入れづらくなりますが、金を保有していれば、それを貸し出すことで安くドルを調達できます。
ゴールド・フォーワード・レートはマイナスになってもたいした金利ではありません。
金リースレートの上昇はドル危機のカナリアになりそうです。

政府閉鎖と債務上限が解決した後は、アメリカの決算が焦点になると思います。
いまのところ決算結果はマチマチです。
コーラ、ペプシ、J&Jなどのディフェンブ銘柄は好調ですが、これ以上の成長が望めない企業です。
将来の利益成長を先取りするPERからみると、その株価はあきらかに割高です。
銀行は金利上昇でこれまで利益増を支えてきた債券や住宅関連の収益が頭打ちしたようです。
また、ハイテク系では、アップルの新型アイフォンの販売不振、インテルの新型CPUの発売延期、IBMの見通しの下方修正など、時価総額的にダウやナスダックやS&P500への寄与度の高い企業の先行きに不安があります。

政府閉鎖の前の決算ですらぱっとしませんが、政府閉鎖後の第4四半期の企業見通しはさらに弱いものになりそうです。
QE3の縮小が、債務上限の先送りに合わせてどんどん先送りされそうです。
タカ派のフィッシャーですら、10月のQE3縮小を想定しないと発言しています。
年内縮小を予想する人は消えていくでしょう。
ブラックロックのCEOは「FRBは縮小開始時期を少なくとも来年3月に先送りせざるを得なくなるが、恐らく遅れれば6月になるだろう」と述べているようです。
ブラックロックCEO:資産購入縮小、来年6月か-CNBC
GSなどがいう、アメリカの景気回復とともにQEが縮小されて、それで金が売られるというシナリオも先送りされそうです。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/10/17 10:28 ] おすすめ | TB(0) | CM(2)
GSなどがいう、アメリカの景気回復とともにQEが縮小されて、それで金が売られるというシナリオも先送りされそうです。

にしても、ダンクシュートは言い過ぎですよね。
[ 2013/10/18 13:42 ] [ 編集 ]
仁さんこんにちは。
確かに言い方に問題がありますよね。
多くの反響があったようです。
GSの企業イメージ的にもマイナスでしょう。
テレビで商品市場のフロアの人がインタビューで怒っていました。
[ 2013/10/18 19:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン