FC2ブログ

BullionVault

サプライズド・アタック


ECBが大方の市場予想に反して利下げしてきました。
そのためユーロドルは売られています。ドル高になるため、金も売られています。
もっとも金利が下がることは金にとっては中長期的にはプラスという側面もあります。
また、アメリカの第三四半期のGDPが市場予想を上回りました。
第三四半期は景気循環的に夏場一時的に回復局面がみられましたので、第二四半期の2.5%は超えてくるだろうとは予想していましたが(市場予想の2.0%は明らかにハードルが甘すぎ)、2.6~2.7%程度ではなくまさかの2.8%でした。
ネガティブサプライズでユーロや金にとって短期的にはダメージです。
もっとも、これは速報値ですので今後の下方修正のおそれはあります。実際、第三四半期の個人消費(速報)は、予想の前期比期比+1.6を下回って前期比年率+1.5%となっています。設備投資も低調です。内需は相変わらず弱く、今回のGDPの数値は一時的な回復に留まると思われます。
zerohedge
第4四半期にはいると金利上昇前の駆け込み需要が終わり住宅市場、自動車市場とも頭打ち状態です。また政府閉鎖によるダメージもあります。

短期的な地合は金にとって厳しくなってきています。
週末の雇用統計が強ければ、どこまで抵抗力があるか試す局面になります。ここをしのぎきれば、底値を確認できます。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/11/07 22:59 ] 市況 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン