FC2ブログ

BullionVault

中国の外貨準備運用の分散


13740466246781201307170333269_32892 (1)
朱長虹
中国は輸出主導の経済モデルで高度経済成長を達成し、安定して経常収支黒字を継続してきました。そのため、巨額の外貨準備を有しています。
この外貨準備は、以前はほとんど米国債に投資されていたそうです。
しかし、リーマン・ショック後、米国債の安全神話は崩壊しました。
そのため、中国はリスク分散のための外貨準備の多様化を迫られました。
そこで設立された機関が、中国国家外貨管理局(SAFE)です。このSAFEが中国人民銀行の管轄下で外貨準備を運用しています。
このSAFEの最高投資責任者(CIO)が、朱長虹(Zhu Changhong)です。
朱長虹は、安徽省出身の貧しい青年でしたが、シカゴで物理学を学び、PIMCOに入手しました。そこでビル・グロスに認められファンドマネージャーとして成功し巨額の富を得ました。しかし、その生活を捨てて母国に帰ります。謎の多いシャイな人物のようで、ネットで検索してもほとんど情報がないそうです。写真も数枚だけです。
朱長虹がSAFEの運用責任者に抜擢された2010年当時、中国の外貨準備の約45%は米国債に投資されていたそうです。朱長虹は、米社債、株式、日本株式、欧州債、そして不動産に外貨準備を分散することで、2012年には外貨準備に占める米国債比率を約35%まで低下させました。
リスクを分散するだけでなく収益率も向上しました。
リーマン・ショック後、財政余力のある中国は大型の公共投資をすることで世界経済のメルトダウンを防ぎました。昨年の欧州危機では、ユーロと金利が高騰した南欧諸国の国債を買い支えることでユーロ危機を防ぎました。その後、アベノミクス以降の日本、アメリカ、欧州の株高を牽引したのも結局はチャイナマネーでしょう。
もちろん、外貨準備の分散の対象としては金も含まれています。
中国は、民間と公的機関、両方で金を収集しています。短期のキャピタルゲイン狙いでないため、安く買うために、露骨に買い上げたりせずに、値段が上がらないように分散してコツコツ仕込んでいるようです。ステルスのように買い集め、いつかドカーンと上がるのは仕手株と同じだと思います。そのドカーンは、中国が仕掛けるというよりは、アメリカや日本発のバブル崩壊などのテールリスク発生だと思われます。中国からすすんで日本やアメリカの経済を破壊するメリットは中国にありません。
中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁は中国政府が行き過ぎた金購入を行えば、金価格は急上昇し、中国の消費者に打撃を与えることになるだろう」「市場が小さ過ぎるため、金に投じることができるのは外貨準備の1-2%程度にすぎない」と述べています。SAFEが本気で金を買い占めれば、金市場は暴騰してしまいます。
一方、金が暴落すると既に金を買っている国民の不満が高まります。そこで、投機筋による一方通行の下げは許さないようです。
易綱副総裁は「外貨準備や投資の1つの選択肢として、常に金を念頭に置いている」とした上で、「年間500-600トン以上の輸入が可能だが、金相場の安定についても考慮する」と語っています。急落した場合はこれを支えることを示唆していると思います。

中国は外貨準備を増やすことより、既にストックした分を減少させないことに神経を使っています。そのための分散ですが、これ以上は増やすメリットは感じていないようです。
そのため、人民元高、ドル安を容認し、為替の変動幅を拡大し、為替介入を減らしてくるようです。
中国の外貨準備増、これ以上は費用効率高くない=人民銀行副総裁
こういう発言がでてくるところで、既に分散は終了しているのだと思います。製造と輸出主導の経済モデルに頼らずに、サービス業などの内需中心への経済モデルへの転換も都市化が着実に進んでいます。もっとも、こちらのほうはまだ時間がかかるようです。そのため、今後も急な変化は望まず、上昇スピードはいままで以上にも認めるものの緩やかな人民元高を維持し、その過程で米国債を減らしていくと思われます。
もっとも、目先では株式バブルのほうが懸念されるので、米国株から米国債に一時避難の動きをみせるかもしれません。9月の米国債買い越しやブラック・ロックが株から債権へのシフトを薦めているなどはその兆候かもしれまえん。
QE縮小よりも、中国の外貨準備の分散そして減少が、米国債や米国株、米不動産バブルにとって大きな問題になると思います。
中国の外貨準備は巨大なため、ドルからの分散として受け皿としては金では小さすぎます。
もっとも将来的には価格が高騰すれば、十分ドルの代替になりうります。しかし当分は、割安な欧州の株や債権などがドルの受け皿になると思われます。
そのため、ドルからユーロへのマネーの流れが続くと思います。
GSも新興国の中央銀行がユーロを外貨準備で増やしはじめたと言っていますし、株にベアなマーク・ファーバーも金鉱株以外に欧州株は買いだと述べています。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/11/22 02:31 ] おすすめ | TB(0) | CM(6)
この記事は
浅薄な“ネトウヨ”さんたちにぜひ読んでもらいたい!
[ 2013/11/22 11:02 ] [ 編集 ]
katsukoさんこんにちは
ゴールドバグも右の人多いですからね。
この記事を読んで不快になっている人も多いのかもしれません。
[ 2013/11/22 19:46 ] [ 編集 ]
こんばんは。
来週は絶好の買い場になりそうですね。
話は変わりますが、猪瀬都知事の5,000万円・石原前都知事の30,000万円の件は特捜が動きそうな気配ですね。
[ 2013/11/22 22:51 ] [ 編集 ]
しろうとさんこんばんは。
その件はあまり詳しくないのですが、特捜も右よりでお仲間には甘いのが常ですからわかりませんね。
[ 2013/11/22 23:02 ] [ 編集 ]
安倍さんの腹ひとつでしょうね。
猪瀬さんとは東京五輪のお仲間ですし、石原さんとこの維新には秘密保護法で賛成してもらわないと困るし。やっぱ無理ですか?
来週、金ETF買い増しです。銀とプラチナも少し。
[ 2013/11/22 23:25 ] [ 編集 ]
特捜が動かない場合、検察審査会が動く可能性はありますね
[ 2013/11/22 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン