FC2ブログ

BullionVault

追加緩和くれくれ相場


アメリカユダヤ金融の意向を右から左に流すだけの日経新聞(ロイターの日本支部)ですが、さっそく、期待どおりの記事をかいてくれています。
株安連鎖、米大寒波が世界市場をかく乱 流動性不安と共鳴
今回のアメリカ指標の悪化は天候が原因の一時的なものであるから、押し目で買いだと希望的観測をいいつつ、最後は追加緩和の催促で締めくくっています。
株価の下げは過剰な反応といいますが、この程度の下げは過剰とはいえません。株は落ちるときはこんなものではありません。ブレイクはまだきていません。
政治家も相場の動きにいちいちコメントしないといいながら、コメントし、相場のことは相場に任せるといいながら口先介入し、一喜一憂しないといいながら一喜一憂し、日銀の独立性を尊重するといいがら、間接的に追加緩和の圧力をかけてくると思われます。
個々の企業の業績がいくらよくても、日本のマクロ経済が強くても、アメリカがこけたら株はおしまいというのはいままでどおりです。いくら業績のいい会社でも所詮、洋上の高性能なゴムボートにすぎません。マクロな嵐がくれば簡単に転覆します。その嵐に逆らうことはできません。なんとか日経平均の下げに逆行できてもダウを中心に世界中の株式相場はひとつの海としてつながっているので、ダウに嵐がくれば終わりです。
株を買うなら個別の銘柄を選んでも意味がありません。株をポートフォリオにいれる必要性は感じませんが、どうしても買いたいならETFなどでインデックス投資すべきだと思います。

追加緩和で円安株高に戻せても、債権市場の流動性がますます低下してボラが大きくなって金利上昇の危険がでてきますから簡単にはいきません。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2014/02/04 12:03 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン