BullionVault

ソロスチャートと金


price-of-gold-versus-the-monetary-base02.png
Business Insider

欧州圏の経済指標はさえませんが通貨ユーロは上昇基調です。
ユーロは景気の悪さから、利下げが観測されています。
しかし、実際、わずかな利下げがあったとしても実体経済への影響は限定的でしょう。
短期的にマーケットが反応する心理的なものにすぎないと思います。アベノミクスも同様でしょう。
利下げがなければ、失望で短期的に欧州株は下落するかもしれません。
しかし、そのような一時的なコストよりも、最後のカードを残しておいたほうが、結局、市場の投機筋との心理戦で有利だと思います。ただ、いままでは利下げがあるある詐欺をしてきましたから、そろそろあってもおかしくはないですが。

毎日発表される経済指標に短期的に為替が大きく反応するのはそれをトリガーに大きく仕掛ける投機筋がいるからです。しかし、中長期的には、経済指標に示された欧州と米国と日本の弱い実体経済のどこが一番マシかのどんぐりの背くらべで、為替は結局動いていないように思えます。
為替は様々な要因で動きますが、中央銀行が供給する通貨量(マネタリーベース)倍率比較での需給法則による説明がシンプルかつ論理的で説得力あります。為替は長期的にはマネタリーベースの比に収束するというものです。その収束効果はノイズの多い購買力平価よりも強いと思います。いわゆるソロスチャートといわれるものです。
最近では、このソロスチャートに当てはまらない例外的な動きを説明するために修正を加えたり、マネタリーベースではなくマネーストックで比較すべきという考えもあります。
しかし、マネーストックは景気のいい国の通貨だと増えますし、それでその国の通貨の価格が相対的に下がるのはおかしいです。よって、修正なしのシンプルなマネタリーベースで比較するのが通貨の強弱を測る基準としてはいいと思います。

欧州は日本やアメリカのような量的緩和はしていません。
欧州の債券買い入れは、不胎化です。一度通貨供給のために買い入れした国債は再度売却し、ジャブジャブに刷ったマネーを吸収しています。
ECB、不胎化オペで2140億ユーロを吸収
ユーロ高基調は利下げがあれば、短期的には調整するものの中長期的には今後も続くと思います。
ユーロ高はドル指数安につながります。
ドルは元やユーロに対して減価していきます。
ペーパー紙幣の代表であるドルが安くなれば、真の通貨であるゴールドの価格は相対的にあがります。
金の年間生産量は過去10年で10%程度しか増えていません。
豊島逸夫の手帖
金は数トンの鉱石のなかに数グラムしか含まれていません。産金は労働集約型の産業で多くの労働者が必要ですし、人件費は年々上がっています。何千年も人類は金鉱を探してそれを掘りつくしてきているので、地表にある簡単に産金できるコストの安い金鉱も減りつつあります。地底深くを掘る場合は熱との戦いですので、冷房も必要ですし、そのためのエネルギーの価格も上がっています。
一方、紙幣の供給は、タイプで中央銀行の当座預金の数字をパソコンのキーボードを叩いて増やすだけですから簡単です。多くの汗を必要とする金の供給を増やすのとは比較になりません。
金も通貨ですから、ソロスチャートの理論が妥当します。マネタリーベース比でいえば今のNY金の価格は当然でバブルでもなんでもないといえるでしょう。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/04/29 22:06 ] おすすめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン