FC2ブログ

BullionVault

さよなら、フォワード・ガイダンス


スタンレー・フィッシャーFRB副議長は、今年6月にFRB副議長に就任したばかりです。
同じFRBメンバーですが、プロレス団体FRBにおけるヒール(タカ派)担当のリチャード・フィッシャー米ダラス連銀総裁とは別人です。
スタンレー・フィッシャーは、ユダヤ金融資本家のお抱えエコノミストであり、世界銀行のエコノミスト、IMFの理事、前イスラエル中銀総裁などを歴任し、ノーベル賞学者でリベラル派エコノミスト代表のスティグリッツらと階級闘争を繰り広げてきました。
万年強気のウォール街お抱えエコノミストと歩調を合わせて、強いアメリカ経済というプロパガンダのタスクをこなしてきた彼ですが、ここにきてアメリカ景気回復見通しに弱気のコメントをしています。
生産性の鈍化や労働参加率の低下などの要因によって、アメリカの潜在成長率が永久的に下方シフトする可能性を指摘しています。
米・世界の景気回復は「期待外れ」=FRB副議長
これはサマーズの長期停滞論と同じです。
彼はサマーズの盟友でもあります。
サマーズとの裏切り?発言と異なるのは、彼が現職のFRBナンバー2ということです。FRBの議長になれなかった腹いせとかいうのでは片付けられません。

フィッシャーはもともと、フォワード・ガイダンスには否定的でした。
フォワード・ガイダンスは、金融当局がマーケットとの対話という名目で、景気見通しや金融政策見通しのアナウンスによって市場に口先介入をし、金利予想やインフレ予想(期待)などの市場の反応をコントロールして、相場を当局の都合いいように誘導するという手法です。
少子高齢化と成熟経済の影響で、構造的に潜在成長率が低下して実体経済が実質的にリセッション状態にある先進国が、なんとか金融政策によって金融経済(バブル経済)を活性化させて経済成長を粉飾しようとするのがその目的です。そうしないと財政が維持できないからです。
当初は一定の効果があったように思えたこのフォワード・ガイダンスですが、最近ではその有効性が疑問視されています。
フィッシャーは、イスラエル中銀時代の失敗もふまえて、将来が不確実な状況で、当局が約束をしてそれを守るのは困難だとしています。また、下手に約束することは、政策の弾力性を失うことになると危惧しています。
当初はアナウンスメント効果によって相場を誘導する効果があったとしても、結局、約束を守れないことがわかれば市場は中央銀行への信用を失います。そうなると当局のアナウンスメント効果は落ち、市場はコントロール不可の状態に戻ります。
下手に強いコミットメントを示すことは、ゲーム理論からみても、長いスパンで逆効果になります。
市場の反動を狙ってFRBの予想とは逆にはってくる合理的な投資家も増加してくることが予想されます。そうなれば、フォワードどころかFRB自身の予測を基準にして、市場の期待が常にFRBよりも先行することになりかねません。今の債券市場の金利低下はまさにこれだと思われます。
フォワード・ガイダンスは、マイケル・ウッドフォードがごく最近になって広めた「仮説」の金融理論にすぎず、論理的、実証的根拠は弱いものです。しかし、いつしか、カナダ、イギリス、アメリカ、日本などの中央銀行の多くがこの手法を取り入れてゆき、金融政策の主流になってしまっています。ユダヤ金融資本家にとって都合のいい理論だったからだと思います。
この仮説は、今現在、世界市場で壮大な実験が行われています。その結果が世界中の多くの人の人生に多大な影響を及ぼす政策でありながら、ろくな検証もされていない仮説に基づく政策手法を試みるのはあまりに無謀だと思います。
世界の中銀変えた理論、生みの親は「無名」のエコノミスト

フィッシャー副議長は、世界経済の回復は期待外れ。米国の長期的な年間成長率はおそらく2%程度にすぎず、2009年にFRBの政策当局者が推定した水準より1%ポイントも低くなっていると指摘しています。
景況感を煽るためのアナウンスメント効果を期待してアゲアゲだったFRBの米国の長期的な年間成長率もフォワードガイダンス路線の変更に伴い、今後は、米国議会予算局(CBO)の見積もりに接近していくと思われます。
140530_WebNewsPage_W495.jpg
official long-term trend GDP growth estimates


TUBE さよならイエスタデイ


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2014/08/11 19:01 ] おすすめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン