BullionVault

米・第三四半期GDPスタートダッシュに失敗


米下半期景気減速へ
7月の小売売上高は、(前月比)予想:+0.2%のところ+0.0%でした。
コア小売売上高(除自動車・自動車部品・ガソリン)(前月比)のほうも、予想+0.4%のところ+0.1%でした。
株屋お抱えのエコノミストらは小売売り上げに楽観的でしたが、結果は振るいませんでした。ギャラップのConsumer Spendingは5月でピークアウトした感がありましたから、想定内の数字だったと思います。
寒波の反動増の反動で6月の数字も市場予想を下まわりよくありませんでした。5月分が下方修正されたことで6月はさらに弱かったことになります。
その6月の前月比で横ばいということは個人消費の趨勢的な弱さが示されたと思います。
住宅市場が崩れ、ジャンク債市場が崩れ、株式市場もいまにも崩れそうな状況で最後の頼みの綱である自動車市場まで先行きが不安になってきました。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2014/08/13 21:42 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン