FC2ブログ

BullionVault

中国の本当の金需要は2000トン


Chinese Gold Demand hit 2000 tons in 2013
GE(Shanghai Gold Exchange、上海黄金交易所)のXu Luode会長が、シンガポールで行われたロンドン貴金属市場協会(LBMA)のフォーラムで、中国の2013年・民間金需要が2000トンに達したことを認める発言をしたそうです。SGEは中国の中央銀行である中国人民銀行が設置した市場です。その会長の発言ですから、中国の公的見解と理解していいと思います。
ちなみに、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は西側ユダヤ資本の影響下にあるためか、以前から金需要を低く見積もるバイアスがあるということが指摘されています。
WGCは、中国の2013年の金需要を、1066トンと見積もっています。2倍近くの差があります。
Xu Luode会長は、WGCが公表した、中国の金市場の需要の図を参照して演説を始めましたが、中国の消費がそこで示された1189トンより高い可能性があることに二度言及しています。
Koos Jansenは、WGCの発表は中国の金現物需要を低く見積もりすぎだとして、SGEからの引き出された出庫量から中国の金需要を判断すべきだとする仮説を主張していましたが、その見積りが正しかったことになります。

金輸入(1540トン)+鉱山(428トン)+スクラップ(229トン)= SGEの引き出し(2197トン)

金需要=SGE引き出しースクラップ=1968トン
現物需要+投機需要+ヘッジ需要
SGE Chairman: 2013 Chinese Gold Demand Was 2000t

真島昌利 / さよならビリー・ザ・キッド


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2014/10/13 13:30 ] 要人発言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン