FC2ブログ

BullionVault

瀬戸際のNY株式市場


NY株式市場は、調整で済むか、クラッシュかのDEAD OR ALIVEの瀬戸際にきています。
二人目の看護師がエボラに感染したことが明らかになっています。
米国当局は当初、最初感染した看護師の安全手順違反のせいにしていましたが、批判を受けて撤回しています。防護服を来た医療関係者に、容易に感染していることから、空気感染の可能性もまだ否定できません。
そのためもあり、昨日はアジア時間から市場はリスクオフ状態でした。
ブルな市場関係者の頼みの綱はアメリカ経済が堅調であり相対的に強いという妄想でした。
それも、建設支出、製造業新規受注、卸売売上、小売売上、企業在庫などの軒並み悪い数字が続き、市場はようやくアメリカ景気が弱いという事実を受けいれざるを得なくなりました。春先から夏場の景況感は悪天候の景気落ち込みのリバウンドにすぎず、長期停滞のトレンドへの回帰というのが現実です。
債券市場は別として、株式市場や為替市場はまだアメリカ景気が弱いという情報をほとんど織り込んでいません。その意味で株価はまだまだ下げる余地があります。アメリカの景気は強く、早期利上げの可能性が高いので、長期債の金利は上がり、株価やドルが買われるというリテラシーのかける右寄りなマッチョな人にありがちなコンセンサスは大幅に修正が迫られることになっています。
アメリカの景気が底堅いと信じていたのは、市場関係者や投機筋ばかりではありません。
メディア、株屋などから、アメリカの景気は底堅いというプロパガンダをさんざん刷り込まされてきたためか、ポジティブなアメリカ人という気質のためか、それとも景気回復期待のために嘘でも強気にアンケートに答えるようになったためか、これまで、総じてソフト指標だけは強かったのですが、ISM、NFIB小規模事業楽観指数、NY連銀製造業指数なども、ここにきて市場予想を大きく下回って低下するようになってきています。

昨日も、エボラ二次感染拡大のニュースでアジアタイムから弱かった市場は、NY時間になり債券市場の激しいショートカバーでブレイクしました。情弱の投機筋の多くがFRBの早期利上げを信じて、米国債を売っていたのでパニック状態になったのだと思います。ストップロスで長期金利は一瞬おおきく下がって、週足の大きな窓を埋めました。
それに小売売上の悪い数字が拍車をかけました。株式市場がオープンした直後、個人投資家のETF売りや15日ルールでのファンドの解約が殺到してパニックになりました。
いままで、アメリカの景気は強いというプロパガンダの先鋒を担いできたロイターですが、自己保身のためか、アメリカ景気にとって不都合なニュースも取り扱うようになってきました。

米小売最大手のウォルマートや、電子商取引大手イーベイが年末商戦の売上高予想を下方修正しています。
米小売大手が売上高予想を相次ぎ下方修正、年末商戦は正念場

Amzonなどの決算発表がこれから控えていますが、無店舗小売販売が-1.1%と低調だったことから悪い数字がでてくる可能性があります。
このように、世界経済失速、エボラ二次感染拡大、イスラーム国進撃に加えて、アメリカ経済が弱いことが顕著になってきたことから、最後の頼みは結局、FRB頼みになってきました。
昨日も、イエレンの米景気回復に自信アリという非公式な講演のコメントが場中に流れたり、ベージュブックで引き続き、FRBが、米景気の緩やかな回復に自信を見せていることが示されたことで、相場に安心感が広がり最後は大きくリバウンドし、底抜けのブレイクを回避しました。
市場では、予想通り、QE3の延長やQE4催促の声がでてきています。
もっとも、FRBの強気の景気予想は過去ほとんど外れていますし、最後の頼みのFRBのQE4も次は本当に株価を釣り上げる効果があるかわかりません。
NYの株式市場は、QE3開始直後は逆に売られました。そのあとNY株のバブルの延命をしたのはQE3ではなく、日本のQQEだったと思われます。
そのQQEも失敗が明らかになっているので出口戦略の声がでてきています。
欧州にQEをさせたいところですが、従属国の日本と違って、ドイツがそう簡単に圧力に屈するとは思えません。アメリカやユダヤ資本の操り人形であるドル親衛隊のドラギとドイツ金融当局の対立はさらに激しくなると思われます。
FRBのQE∞によって、株式市場は底抜けを回避できるかもしれませんが、調整が終わったあとも以前のような強気一色の上昇トレンドを描けるとは思えません。GSの予想する年末S&P500の2050ドル達成のためには、自社株買いとQE∞だけでなく、ブルな投機家の強気マインドを復活させる必要があります。そのためにはエボラが落ち着き、年末商戦が好調であるという条件を満たす必要があります。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2014/10/16 17:52 ] 市況 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン