FC2ブログ

BullionVault

ロシア緊急利上げ


ロシア中央銀行は、アメリカユダヤ投機筋のショートアタックに対する通貨防衛のために、緊急利上げを行っています。
政策金利10.5%から17%へ、6.5%の異次元引き上げです。黒田バズーカ以上のインパクトです。
2014年1月に、QEテーパーをきかとして、フラジャイル5と勝手に名付けられて為替市場で売りを浴びされていたトルコが、通貨防衛のために政策金利を4.25%緊急利上げたことがありました。
また、1992年に英中銀がジョージ・ソロスからのショートアタックに対して、一日で政策金利を5%利上げしたことがありました。
今回のロシアの緊急利上げは、それを上回る引き上げ率です。

ルーブル安によって、ドル建ての原油輸出収入のルーブル換算が膨んでいることは、ロシア財政にプラスとなっています。
財務省のデータによると、1-11月の財政収支は1兆2700億ルーブルの黒字と、黒字額は前年同期の6000億ルーブル、12年の7890億ルーブルを上回っています。
アメリカが、クリミアでのロシアの行動を「懲罰」するため、サウジに対して、原油価格を協力して引き下げるよう要請した密談の際、原油価格が1バレル当たり12ドル下落すれば、ロシアの国家歳入は400億ドル減少すると試算していたそうですが、ルーブル換算では国家歳入はむしろ増えることとなっています。
また、ロシアの原油の生産コストは低いので、原油安による市場シェア争いのチキンレースなら、サウジの次にそれに耐えうる力があります。

ドル建てでみたロシアのGDP成長率は、ルーブル安で弱くなりますが、実質的には数字ほどの落ち込みはないと思います。
GDP成長率こそ、そこそこの数字を維持していますが、国民の7割以上が景気回復を実感していないアメリカとは対照的だといえます。

通貨安によって輸入品の価格は上がって、国民は輸入インフレで苦しむことになりますが、食料品の輸入などを欧州から、中国などの新興国からの輸入にシフトすることで対応しているようです。中国を除けば、ユーラシア連合、上海協力機構、BRICSなどのロシアの同盟国の通貨は対ドルで一応に大きく下落していますので、同盟域内からの輸入ならそれほど輸入品の物価は上がりません。
日本やアメリカと違い、ロシアはずっと実質賃金の高い上昇が続いていたことからすると、実質賃金がマイナスになるのは急な落差になりますが、ロシア国民はアメリカ人や日本人と違って不況への耐性があります。プーチンの支持率は不況でも高いものがあります。

また、ルーブル安は、企業のドル建て債務負担を重くしますが、ロシアは4000億ドル以上の外貨準備、1500億ドル強分の石油・ガス税収積み立て基金を持っています。もちろん、財政黒字ですから、政府に企業への支援余力があります。原油安で財政均衡点を下回ることが懸念されていますが、万年財政赤字で累積政府債務が積み上がっているアメリカや日本よりははるかにマシです。
企業は1300億ドル以上の対外債務支払いを抱えていますが、他方1500億ドルの外貨を持っています。この1500億ドルを強制的にルーブルに転換するという法案も提出されているようです。これは中国と同じ資本規制です。
最終的に、企業がドル建て債務を踏倒しても、欧米の銀行はロシア国内の油田などには強制執行はできません。この場合は、借りたもの勝ちです。企業が潰れても資源はロシアに残ります。欧米の金融経済へのダメージのほうが大きいでしょう。

アメリカユダヤ資本陣営側としては、トルコやロシアを通貨安に追い込むことで、通貨防衛のための介入の外貨準備のドルの積み増し、外貨準備の金の放出を促そうとしています。しかし、逆効果になっているようです。
トルコやロシアのドル離れは加速して、金を買い増しています。
ドルの貿易決裁通貨、外貨準備通貨としての需要は弱まり、その基軸通貨特権は失われつつあります。プレミアが剥奪したドルはファンダメンタルズからみて高すぎます。
同じく、通貨安に苦しむ、トルコやインドも金の購入をむしろ増やしています。
インドのゴールド輸入量が急増中です。
伝統的なヒンズー教のお祭りシーズン需要と、輸入規制の撤廃もあって、 9月130トン、10月150トン、11月も150トンとハイレベルの輸入量が続いています。
欧米が金を売って、遠くない将来、クラッシュすることが必然のドルバブル、株バブルに踊っている間に、新興国は確実に現物の金の買いを増やしています。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2014/12/16 16:30 ] 為替 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン