BullionVault

スイス・フラン下落


スイス・フランが下落、今も介入の意思あると中銀副総裁
スイス・フランが下落しています。
27日、フランの対ユーロ相場上限を撤廃して以降の最安値に下落しました。
中銀は今も介入する意思があるとのダンティーヌ副総裁の発言に反応した模様です。
本日は更に下落が加速しています。
激しい相場変動の中で破綻寸前まで追い込まれた外為ブローカーのFXCM が、口座の残高がマイナスになった機関投資家や富裕層顧客に支払いを求める意向を明らかにしたことなどから、少しでも損失を回復させるための動きがあるのかもしれません。
外為ブローカーのFXCM、フラン急騰での損失60%回収目指す

フランの上限廃止後、急騰した金価格ですが、フランの下落に引きずれるカタチで下落しています。
FOMCの内容がデフレに懸念的だったこともあり、利上げ観測が後退。そのため、債券の利回りが大幅に低下しているものの金は売られています。
また、アップルなどの一部の企業を除けば、ドル高によって企業決算や収益見通しが低調なため株価が下落しているのも金を下支えしていないようです。
当面は、ユーロドルや金利や株価よりもフラン(同じく低金利通貨の円)の動きに左右されそうです。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2015/01/29 22:20 ] 為替 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン