FC2ブログ

BullionVault

2015年米国の経済データ、スタートは2009年以来最悪の結果に


米日当局やマスメディア、右翼系金融関係者が、一人勝ち、堅調、絶好調と煽っている米経済ですが、客観的なマクロデータで総合勘案すると減速が顕著になっています。
2015年のスタートダッシュは、金融危機後、最悪の結果になっています。
2015 US Economic Data Is Worst Since 2009

2015年になっても、インチキ雇用統計だけは絶好調ですが、個人消費、製造業受注、在庫投資、設備投資、住宅投資、自動車販売、企業収益見通しなどは低調です。
2月になってギャラップ調査の各種指標は急激に悪化しています。
強気だった投資銀行の米国経済成長率の下方修正が続いています。GSは、2014年第4四半期成長率を1.8%まで下方修正(速報値は2.6%増)。
JPモルガンも2015年の第1四半期のGDP成長率を3%から2.5%に下方修正しています。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2015/02/13 13:46 ] 経済全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン