FC2ブログ

BullionVault

中国追加緩和・第二弾


中国が利下げ 金利の自由化進める措置も
中国人民銀行は28日、銀行の貸出と預金の基準金利の引き下げを決めました。
今回は、サプライズではなく、週末の決定でした。
貸出金利(期間1年)を0.25%下げて5.35%、預金金利(同)は0.25%下げて2.5%とするようです。

昨年11月の利下げ、2月初めの預金準備率も引き下げに続く、第三弾の金融緩和です。
この緩和策はまだ始まったばかりで、更なる追加緩和が段階的に行われるはずです。
ゼロ金利と量的緩和で中銀のバランスシートが膨れ上がった日米英とすでに量的緩和を決定しているECBとちがって、
まだまだ中国には金融政策の余力があります。
てっとり早い景気対策は、金融政策です。
今現在の支払い(消費)を増加させて、先に支払いを先延ばしすることです。
中国などの新興国の場合、先進国よりも相対的に成長率が高いので、元本や利息の支払いで、将来の支払いを食いつぶしてしまうこともありません。それを上回る成長率があります。先進国では失敗に終っている金融緩和政策も新興国には有効です。

中国株や金先物の短期目線のショーターは調子にのったところで、今年は、この追加緩和にやられると予想します。
これで、当面は金相場は底打ちしたと思います。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2015/02/28 20:08 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン