BullionVault

高まるドルバブルの警戒感


マスメディアはアメリカの経済指標や企業業績決算は「まちまち」だと報道しています。
しかし、実際は、悪い指標や決算が大半を占めているようです、

FRBは、利上げ時期は指標次第と明言していますから、悪い指標は利上げ観測を後退させます。
利上げ観測の後退はドル売りにつながります。株は一時的に利上げ後退を肯定材料ととらえますが、結局、ドル安は、日米欧州の株売りにつながると思います。
これまで、ファンダメンタルで悪い数字がでるたびにドルは売り圧力に晒されていましたが、FRB要人などが、弱い強気の発言でなんとか底抜けを回避してきました。
もっとも、万年強気で、いつも外れる彼らの予想の信用力の低下とともにそういう口先介入は限界に来ているようです。
昨日も、フィッシャー副議長が、強気の口先介入をしました。
フィシャー副議長は、「米経済は回復しており、賃金圧力が高まり、インフレ率を2%の目標に押し上げる兆しが見受けられる。いずれかの時点でFRBが利上げする公算が大きいという点を市場は考慮すると見込んでおり、そう望む、市場は現在の状況が永遠に、おそらく来年以降も続くと考えるべきでない」と述べて、FRBが年内に利上げする公算が大きいとの見方をあらためて示しました。
これを受けて上昇していた米国債や金やユーロが急落して、ドルが息を吹替えしました。
その一方で、フィッシャーは、ドル高はいくらか米国の成長に影響している、最近のドル高は、そう遠くない将来に終わるという、バランスをとった発言もしています。
しかし、ドルや株の右翼系ブル派は、確証バイアスで、自分にとって都合のいい発言には過剰に反応しますが、不利な発言や材料は過少評価して無視するようです。
ドル高は米多国籍企業の収益を押し下げます。米国のGDPを引き下げるというデータもあるようです。
全米与信管理協会の発表するCMIが急激に悪化しています。
全米与信管理協会は、「2月の低い数値が天候などによる異常値でなかったことがこれで明らかになった。データに表れたように、金融システムに何らかの重大なストレスが存在するのは明らかだ。」と述べていますが、ドル高が大きな原因になっているのかもしれません。
米 与信管理者指数の急落は何を予言しているのか?
その一方で、ユーロ圏は経常黒字か過去最高を記録するなど、景気回復が顕著になってきました。ファンダメンタルズの点からは、ますます、ドル高ユーロ安は是認できなくなってきます。
いままでは、ファンダメンタルズからは肯定的できないユーロ安ドル高を、なんとか正当化するためのギリシャネタを何回も蒸し返してきましたが、もうさすがにとっくの昔に織り込み済みで、材料としては陳腐化しています。
最近のG20では、容認されてあまり議題になることがなかったドル高ユーロ安、円安などの為替操作も、今回のG20では、さすがに多いに議論されているようです。
IMFも、ドル高がユーロ圏と日本の成長を押し上げる半面、米景気回復の勢いを多少奪っているとの見解を示し、米成長率見通しを下方修正しています。
IMFやOECDが、米国の早期利上げの先送りを要請しています。
中国も人民元高を容認する為替政策に切り替えつつあるので、ドルやドル債買いを減らしています。
2月の海外投資家による米財務省証券投資は、63億ドルの売り越しです。
米国への資本流入はますます細ってきており、この点からもドル高は是認できません。
バーナンキ元FRB議長は、最近始めたブログで、サマーズの長期停滞論に疑義を呈しています。
サマーズは、国内に需要がなく個人消費や投資が低迷するので、バブルや財政出動なしには完全雇用を達成できないとしていますが、これに対して、バーナンキは、資本移動が自由化されたグローバルな現代の開放経済においては、その論はあたらないとしています。
国内に需要がなければ、需要のある海外に投資すればいいということです。
その上で、バーナンキは、米国の家計・企業がリターンの期待できる新興国に投資すれば、その資金流出が米ドル安を引き起こし、米国の輸出を促進するとしています。
ドル安になれば所得収支のリターンも大きくなります。輸出が促進するか、所得収支が改善すれば経常赤字が減少してGDP成長率が上昇します。
バーナンキは、ドル安が長期停滞論に対する切り札になると言っているようです。
もちろん、ドル安は経常赤字を減らすだけでなく財政赤字減少にとっても必要になります。
アメリカの巨額な累積政府債務は、ドル安によるインフレ策で目減りさせるしかありません。
遅かれ早かれ、米国も通貨戦争に参加せざるを得ないと思います。
それでも最近までドルを無理やり釣り上げてきたのは、QE4を始める前にできるだけ高いところから落として勢いをつけたかったのかもしれません。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2015/04/17 20:14 ] おすすめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン