FC2ブログ

BullionVault

一方通行の円安


上昇が一服していたドル円ですが、そろそろレンジを上に抜けそうな雰囲気がでてきています。
日本と同じように、アメリカでも、自国通貨が為替高になれば、得をする人と、為替安になれば得をする人に分かれます。
円高、ドル安になれば利益を得られる側からは、TPPに為替条項をいれることによって、円安ドル高を阻止しようとする動きがあります。
TPP為替条項でアベノミクスは完全終了へ
もっとも、これに対して、オバマは拒否権を発動するかまえをみせています。
勝負は下院になると思います。
しかし、もし、オバマがTPP妥結に必要なTPA法案を通すために、為替条項を入れる妥協(それは安倍政権にとってはダメージになる)をした場合であっても、投機筋の円売りの買い戻しは、強力なものになることが予想されるものの、一時的なものになると思います。
むしろ、100円割れぐらいになれば、材料出尽くしとばかりに、今は円の売りを引っ込めている投機筋が一気に売り仕掛けてくると思います。
日本はアベノミクスが失敗に終わり、インフレ期待もほとんど上がらず、実質成長率は低下基調にあります。
GDPは+に転じていますが、在庫投資に嵩上げされたもので、個人消費が低調なことから、この先、この成長が加速することはなさそうです。
仮に景気が加速して、インフレ期待が上昇したとしても、今度は、国債金利が上昇していきます。名目金利は、名目成長率(実質成長率+インフレ期待)とほぼ同じだからです。名目金利は、ターンプレミアムやリスクプレミアムが上乗せされるので、名目成長率を上回るのがノーマルの姿です。
しかし、巨額の公債残高を抱える日本では、たとえ、基礎的財政収支が黒字化していても少しでも金利が成長率を上回れば、債務残高GDP比率は悪化していき、最後には元本や利払いの償還や借り換えが困難になっていきます。
そのため、政府内には「日銀は、物価目標達成した後も、長期金利を無視することはできず、長期金利を制御することが必要」などという声もでているようです。
また、経済財政諮問会議の関係者によると、すでに会議参加者の間では「国債加重平均金利が上昇しても、名目成長率は超えることはない」とのコンセンサスがあるそうです。
新財政中長期試算、国債平均金利は成長率以下に抑制必要=政府筋
このように、仮にアベノミクスが今後、成功したとしても、日銀は、量的緩和をやめることができません。日銀のQQE(財政ファイナンス)に出口はないということです。
日銀が国債を買って、金利の上昇を成長率以下に抑えこまないといけないからです。
一方、アベノミクスがこのまま失敗に終って、インフレ期待も実質金利も上昇せず、名目金利が低下しない場合であっても(この確率のほうがはるかに高い)、日銀は、この失敗を認めるわけにはいきません。なんだかんだ言い訳をして、達成期限を先延ばしにして、量的緩和を続けていくだけでしょう。
買い取るべき国債が枯渇していきますが、そうなれば、社債でも株でも外国の債券でもなんでも対象を広げていくでしょう。
アベノミクスが失敗した場合であっても出口はありません。
量的緩和で円を擦り続ける限り、円安はとまりません。
余った金は、国内に投資すべきものがないので、利回りを求めて海外にどんどん流出していくからです。三菱UFJなどの都市銀行は海外投資で、莫大な利益をあげるようになっています。
金利急騰を防ぐために、 円が犠牲になります。

このように円安が一方通行になったとしても、長期的なスパンでドル高になるわけではありません。
ドルは、対ユーロなど他の主要通貨に対して、長期トレンドではこれから一方的に売られるでしょう。対資源国通貨、対新興国通貨に対してもそうです。
最弱通貨が円で、ブービーがドルという関係になると思います。
そうなれば、円安ヘッジでドルやドル資産を買うのは通貨ヘッジとしては安全とはいえません。
株は中国本土株などを除けば、すべて連動しているので、個別銘柄ではなく、国をまたいだインデックス投資でもリスクを分散していることにはなりません。インデックス投資は上げているときはいいですが、下がる時は全員が同じ出口に殺到する危険があります。株高は、アメリカ株を筆頭にバブルがパンパンに膨らんでいるので、ここから買うのはチキンレースでしょう。欧州株や日本株はアメリカよりはマシですが、ハイリスク・ローリターンでしょう。
新興国でも中国株はまだまだ数倍になると思いますが、インドやASEANの株などは過熱感が強いです。
円安ヘッジのためには、海外株ではなく、円建ての金ETFや、外国債券、FX、MMFなどが個人的にはいいと思います
人気のある海外REITですが、リセッション(不況)になれば、不動産は売られます。
REITは暴落するときは株以上に激しく下げるのでリスクが高いと思います。

The Eagles Hotel California


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2015/05/21 19:27 ] 為替 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン