FC2ブログ

BullionVault

グロース氏:投資家はキャッシュ確保を-パニック売りに備え


グロース氏:投資家はキャッシュ確保を-パニック売りに備え
ギリシャ問題は最後は、双方が妥協の落とし所をみつけて終了すると思います。
今でもここでそう書いてきましたし、最近の市場のあれかたをみると、市場も今まで私と同じような楽観的な見方をしてきたのだと思います。
しかし、金融へのシステミックなリスクは予想できません。
ドイツのシュテフェン財務次官は30日、ギリシャの債務問題によるドイツ金融システムへの影響はほとんどないとの見解を示したようですが、市場を安心させるだけの口先だけでなく、これまでギリシャのデフォルト&ユーロ離脱のシナリオへの対策の準備は整っているはずです。
しかし、市場の反応はどうなるかわかりません。
絶対の安心がわからない今は、下がったところで押し目買いのリスク(これを狙っている人は異常に多いと思う)をかけるのは危ない賭けです。
勝負するかいなかはその人の許容できる懐しだいです。
これから数日はちょっとわからないので、ポジションを減らしました。

金は前回のユーロ危機と同じで、この危機では買われていないようです。
中国株の下げがきついので中国投資家が追証のために換金売りしているのかもしれません。
リスクヘッジとしての金は一時的に買われても、そのリスクが小休止になると反動で売られるのであまりいいものではありません。
正攻法で、米経済弱体化→リスクオフ→金利低下で買われるパターン、それプラス自国通貨安のヘッジで買われるのがベストです。
インフレヘッジで買われときはリスクヘッジと同じように派手に買われますが、デフレで買われるときはジワジワ買いです。今はデフレ圧力のほうが強いので、金利低下で買われるシナリオの可能性が高いです。

今現在のチャートは、非常に弱く、下にブレイクしそうな雰囲気が漂ってきて嫌になります。
ここはチャートを見ない放置プレーでしばらく、冬眠するのが吉かもしれません。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2015/06/30 23:34 ] 要人発言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン