BullionVault

李克強「これ以上の人民元切り下げない」 ダボスで発言


中国首相「人民元切り下げない」 国際会議で発言
中国経済・株式市場不安、李首相解消に努める
最近のリスクオフ相場による株価下落を食い止めるために、ドラギは、ECBの追加緩和を示唆しましたが、空振りに終わりました。
ドラギマジックもかげりがみえてきたようです。
米当局も、雇用統計で弱めの数字を出し、9月利上げの先送りを間接的にアナウンスしましたが、効果はありませんでした。
その一方で、中国の預金準備率や金利の引き下げ、長期保有株の免税などの政策はじょじょに効いてきました。
いつもそうですが効果がでてくるのは時間差があるようです。
中国の株価が大きく反発したことで、欧米の株があがり、一周して日本株も大反発しました。
李克強が、これ以上の人民元の切り下げがないと発言したことも、マーケットは安心材料として受け止めたようです。
右翼はメシウマとばかりに中国株の下落を喜んでいますが、今では、世界の実体経済だけでなく、金融市場の動向のイニシャティブを握っているのは日欧米の中銀でもなければ、ユダヤ資本家などの投機銀行&ヘッジファンドもありません。リスクオンもリスクオフもすべて中国発ですから、中国しだいです。
中国株が下落すれば、日本の株も下落します。そうなれば、右翼が愛する安倍政権の支持率は更に下がります。
安倍政権の政策判断はほぼすべて間違っていますから、その支持率は株価だけが頼みです。

今現在、中国市場の反発をトリガーにして、日欧米の中銀とユダヤ系投機筋が協調してリスクオン相場をしかけています。
世界中の株が大きく上げて、ドルが買われ、金や債券が売られています。
もっともボラが大きくなっているので、なにか別のショックがあればこんどは大きく下げる可能性もあります。
一度、大きな下げで傷ついた相場だけに、前のようなジリ上げトレンドには簡単に戻れないと思います。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2015/09/09 23:07 ] 要人発言 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/09/10 07:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン