BullionVault

目的別金投資法 金ETF 純金積立 地金 金鉱株 CFD取引


gold-etf-727503.jpg
goldprice


○金ETF
→小口投資家向け、短期投機、中期投資目的

売買と保管の手数料(税金を含む)の安さ、保管の安全性と手軽さ、売買の手軽さを考えると金ETFは魅力的です。
ネット証券の口座があれば株と同じように手軽にネットで売買ができます。
チャートをみながら好きなタイミングで格安の手数料で売買できるので短期の投機にも向いています。
東証に上場しているETFは円建てですから円安の恩恵も受けます。
株高と円安の相関は崩れる危険性がありますが、金ETFはそれがないといえるのも売りでしょう。
もっとも、金ETFはあくまでペーパーマネーです。他人との契約(信用)を介して間接的に金を所有するかたちになります。
したがって信用リスクがあります。
世界最大の金ETFのSPDRゴールド・シェア(スパイダー)は日本にも上場していますので日本でも買えます。
もっともSPDRは最近金の流出がとまりませんので信用リスクが上がっています。
また現引き(現物の金に変える)する際はかなりの金額の単位が必要で、受け取りはアメリカのようです。
日本の三菱がやっている純金上場信託(現物国内保管型)金の果実はその点では比較的少額で現引きできますし、日本国内で引き取れるようです(郵送)。
ただし、交換手数料は高いです。いつかは地金に必ず変えるつもりの人は最初から地金を買ったほうがいいともいえます。
金の果実は、SPDRに比べると規模が小さく流動性リスクがあります、あと、若干ですが信託報酬の手数料は高いです。
インフレ誘導、増税、預金封鎖、デノミ、金没収、外貨預金の強制的な自国通貨転換。
金融危機、通貨危機、財政危機があれば、ありとあらゆる形で国家は国民の資産を吸い上げてきました。独裁国家、民主国家、先進国、新興国、関係ありません。
もっとも危機がきても強硬手段が行使されるまではく多少の猶予時間があるようです。
平常時は金ETFで運用し、いざ危なくなってきてから現物の金に転換する作戦が少額投資家向けだと思います。

○純金積立
→小口投資家向け、長期投資目的

月々決まった額で積み立てていく純金積立は、年金や保険が債券市場が不安定なことから、保険の代替手段としてこれからますます需要が高まると思います。
月々決まった額という強制は意思の弱い人間にとっては効果的な投資法だと思います。
手数料もETFほどでないにしろ安いようです。保管も手軽です。ただ、やはり他人に保管を委託しているので信用リスクはあります。
金は価格の変動が大きく、価格変動リスクが高いですが、分散して投資するために価格変動リスクを抑えることができます。

○地金
→大口投資家向け、長期投資目的

お金のある人で堅実にいきたい人はやはり地金です。セキュリティのしっかりした自宅に金庫を買って、手元においておくことです。間違いなく一番安全でしょう。
それだけ保管やセキリュティにお金がかかりますが、保有する金総額に占める保管管理費の割合はある程度の額を超えればむしろ他の投資法に比べて低くなるはずです。
国が破綻して金の没収命令がでる可能性は今の日本ではほとんどないといえます。
そのような命令がでるとすれば既に行政組織は崩壊していますので回収は事実上不可能です
ただし津波の危険性のあるところや原発に近いところなどではブラックスワンで金の事後回収が不可能になる可能性もあります。
もっとも、リスクを完全に消し去ることは不可能ですが。

○金鉱株
→小口~大口投資家向け 短期投機、長期投資目的。

底値まで売られた金鉱株は、リスクは高いですがリバウンドした場合もっとはハイリターンが期待できます。
今現在、金価格は産金コストギリギリの価格まで下がっています。
良質で高価な金を採掘しているような小規模の産金会社は損益分岐点を下回り厳しいようです。
金鉱株のなかでも大手より小規模の産金会社のほうがさらにハイリスク、ハイリターンといえるでしょう。
世界中の新興国や資源国で人件費が高騰しています。そのため南アフリカなどでは賃上げ抗争が起きています。
株価が低迷している今、株主は利益を上げるために、労働コストを下げるように会社に圧力をかけます。
アメリカや日本の企業の収益が最近上がっている最大の理由はこれです。
しかし、金鉱山での産金は労働集約型の産業ですから、簡単に頭数は減らせません。
個々の人件費はギリギリのところまできりつまっています。
今の金の価格では産金会社は株主と労働者の板バサミで身動きがとれる状態ではありません。
労働デモ、鉱山事故、戦争、資源ナショナリズム、企業買収、金以外の事業の失敗、倒産・・・
さまざまな不確定要素があります。
鉱山株は一番ハイリターンも期待できますが、あくまでも混ざり物で純金ではないのでリスクも高いといえます。

○CFD取引(差金決済取引)
→小口~大口投資家向け 超短期投機目的
流行りのFX(外国為替証拠金取引)もCFDの一種です。
最近注目を集めている投資法です。
金も金ドルとしてFXの通貨ペアのように買ったり空売りすることができます。
特徴としては24時間売買が可能なこと、少額から投資可能なこと、レバレッジをきかせることが可能なことがあげられます。
その点はFXと同じです。
ボラティテリティの大きい欧州時間やアメリカ時間でも売買できますので投機向けです。
ポジションを持ったまま日をまたぐと、「オーバーナイト金利」が発生します。
そのために長期投資に向きません。

その他、先物取り引きやオプションなどのデリバティブ商品、ETFのように上場していない従来型の投資信託による投資法もあります。



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2013/05/13 00:00 ] おすすめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン