BullionVault

米格付け会社 日本国債を1段階引き下げ


米格付け会社 日本国債を1段階引き下げ
S&Pが、日本を格下げです。
アメリカの格付け会社は、 ユダヤ資本家のプロバガンダ機関です。
中の人は、アメリカ財務省、FRB、GSら投機銀行、その配下のヘッジファンドと同じです。
アメリカの格付け会社は、普通、ウォール街の投機筋の仕掛けと連動したタイミングで格付けをアナウンスしてくることが多いです。
今、このタイミングで格下げしてきたことを忖度すると、利上げ先送りによるドル売りへの緩衝材としての狙いがあると思われます。

アベノミクスによる、インフレーターゲット政策は失敗に終わっています。
たとえ原油高になっても、いまの円の水準ではインフレ期待があがることはないでしょう。
新興国との平準化、技術革新、人口動態、経済の成熟化などの構造的な要因があるからです。
インフレは貨幣現象のみという単純化は間違いでした。
高齢化による社会保険費増、貯蓄率の低下によって、インフレをおこせないかぎりに日本の財政に持続性はありません。
さらなる円安によってインフレ期待を上げるために、ちかく追加緩和をおこなう可能性が高くなってきました。


にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
[ 2015/09/16 21:50 ] ニュース | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/09/17 00:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク
アクセスランキング
カウンター
相互RSS
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ロキソニン